このページの本文へ

新時代突入! 未来が内部に満ちる「iPhone 4S」(前編)

2011年10月12日 10時00分更新

文● 林信行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ホーム画面の変化

 設定を終えると表示される、初期出荷時のホーム画面にも変化が現われている。

 一番左上にあるアイコンが、「SMS/MMS」に代わり、「メッセージ」になった。従来のSMS/MMSに加えて、iPadやiPod touchを含めiOS機器間であればWi-Fi経由でもメッセージ交換ができるiOS 5の新機能「iMessage」は、ここから利用する。

 iPhone 4では初期出荷時「便利」フォルダーに収められていた「時計」が、3段目に配置され、その左横には新たに追加された「リマインダー」機能が並ぶ。便利な個人情報管理ツールという、iPhoneの一面を強調しているように見える。

iPhone 4Sの初回起動時のホーム画面。従来と同じようでいて、「リマインダー」や「Newsstand」のように新たに加わったもの、「メッセージ」や「ミュージック」のように名前が変わっているもの、「時計」や「便利」フォルダーのように配置が変わったものなどがあり、その裏にどんな狙いがあるのか気になってくる

 最下段には、これまたやはりiOS 5の新機能である「Newsstand」が加わっており、電子雑誌や電子新聞を楽しめるようになった。「株価」やそのほかの「便利ツール」(連絡先、計算機、コンパス、ボイスメモ)はホーム画面の2画面目に追いやられている。

iPhone用のさまざまな新聞や雑誌を、バラバラのアイコンではなくひとつの本棚に束ねて表示してくれる「Newsstand」。米国では主要メディアが次々と対応を表明している

 ちょっと変わったところでは、音楽再生機能の「iPod」が、iPod touchと同じ「ミュージック」に改名されている。おそらく「iPod」という名前が分かりにくかったことと、iPod touchと統一を図ろう、という意図があるのだろう。

 一見すると従来通りに見えるiPhone 4Sのホーム画面は、これまでとは確かに違う影が見え始めている。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中