このページの本文へ

ネットの写真も見られるソニーの無線LAN内蔵フォトフレーム

2011年11月08日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DPF-WA700」と「DPF-W700」。ともにブラックとホワイトのカラーモデルを用意する

 ソニーから、デジタルフォトフレーム「S-Frame」の無線LAN内蔵モデルが発表された。発売は11月25日の予定だ。

 「DPF-WA700」(予想実売価格2万円前後)と「DPF-W700」(同1万5000前後)の2ラインナップを用意。7型の液晶パネルを搭載し、1GBのメモリーを内蔵するなどの基本仕様は一緒だが、WA700は動画と音楽再生が可能で、AVCHD動画の再生にも対応している。そのため、WA700のほうだけにスピーカーが搭載されている。

背面を見ると、DPF-WA700のほうには丸い出っ張りがある。これがスピーカー スピーカーは底面を向いており、音を地面に反射させることで拡散させる
背面を見ると、DPF-WA700のほうには丸い出っ張りがある。これがスピーカースピーカーは底面を向いており、音を地面に反射させることで拡散させる
側面にはSDメモリーカード、メモリースティック、メモリースティック Duoに対応したカードスロットを搭載 側面にはSDメモリーカード、メモリースティック、メモリースティック Duoに対応したカードスロットを搭載
一方のDPF-W700の背面はフラットなデザインとなっている。側面にはメモリーカードスロットを搭載 壁掛けが出来るようにスタンドの台座の後ろ半分が外れる
一方のDPF-W700の背面はフラットなデザインとなっている。側面にはメモリーカードスロットを搭載壁掛けが出来るようにスタンドの台座の後ろ半分が外れる

 ともに無線LAN対応ということで、メールに添付された画像を表示したり、パソコンに保存されている画像の閲覧が可能。また、「Facebook」や同社の「Personal Space」といったWEBサービスの投稿写真を見ることができる。また、WA700のほうは「Radiko.jp」の再生もできる。

 そのほか、ディスプレーはタッチパネル式になっており、画面上のボタンなどを指で触ることで操作が可能だ。

従来モデル(右)とはフレームの外装が異なり、新機種(左)はヘアライン加工だ 従来モデル(右)とはフレームの外装が異なり、新機種(左)はヘアライン加工だ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン