このページの本文へ

ASCIIも出展&全力取材! CEATEC JAPAN 2011レポート第9回

ついに来た無接点充電の時代! Qi対応機器が一堂に

2011年10月04日 22時12分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CEATEC 2011会場では、無接点充電規格「Qi」(チー)の規格化団体「Wireless Power Consortium」(WPC)がブースを出展。Qi規格に対応する機器が多数展示され、小さなスペースに多くの来場者がつめかけていた。

 2010年のCEATECでは、参考展示に留まっていたQi対応携帯電話機だったが、今年はすでに、NTTドコモのスマートフォン「SH-13C」がQi規格に準拠した充電機能を標準搭載するなど、対応機器が市場に出回り始めてきている。

TI製のQi対応機器開発キットの中身。写真右の円状に巻かれたコイルと中心の磁石の上に対応機器を置くと、非接触で充電できる

 名前を聞いたことがある人は多くても、まだまだ身近とは言えない非接触充電だが、いよいよ本格的に普及し始める時期が来たようだ。WPCブースに展示されていたQi規格対応機器をチェックしてみよう。

パナソニックが発売する「Charge Pad」と対応のモバイルバッテリー。店頭でもよく見かける製品だ

 まずはパナソニックが発売したQi対応充電パッド「Charge Pad」。家電量販店の店頭などでも見かける製品で、目にしたことのある人も少なくないだろう。オプション機器として、リチウムイオン充電池を内蔵したモバイルバッテリーや、充電式の乾電池「充電式EVOLTA」を充電できる「充電機能付きキャリングケース」なども出展されていた。

 Charge Padは「ムービングコイル方式」と言い、充電パッド上に置かれた対応機器の位置を検出して、機器の位置まで送電コイルがパッド内を移動するという方式をとっている。機器と送電パッドは場所を揃えないと正しく充電できないが、この方式ならばユーザーは置く位置をあまり気にしないですむというわけだ。

こちらはホシデンのワイヤレスチャージャーとレシーバー。Qiマークの中心に機器を置くシンプルな充電パッド同じく米Energizer社の充電パッド。2台の機器を同時に充電できる

 Charge Padは送電コイルが動くという凝った仕組みの機器だが、一般的な充電パッド製品は、Qiマークの上に対応機器を置いて充電するという単純な仕組みを採用している。同時に複数台の機器を充電できる充電パッドもある。変わり種では、Qi準拠の送電パッドを内蔵した充電テーブルという展示もあった。パナソニックが参考出展していた機器では、大きな円形テーブルに太陽電池パネルを内蔵し、太陽電池で発電した電力で充電できるという「ソーラーテーブル」が目を引いた。実用性はともかく、内蔵してしまえばそこが充電台になるというコンセプトは面白い。

太陽電池で発電して、その場で充電できるパナソニックの「ソーラーテーブル」

 Qi対応機器の中でも注目なのは、携帯電話機に付けるストラップサイズの充電アタッチメントだ。会場にはスマートフォン用のMicro USB端子タイプと、FOMA携帯電話機などのコネクターに合わせたタイプの2種類が展示されていた。これをQiの充電機能を持たないスマートフォンに付けておけば、Qi対応充電パッドで簡単に充電できるというわけだ。

Qi対応のストラップ型充電アタッチメント。Micro USBタイプで、未使用時はケーブルと端子を右写真のように収納できる優れもの。これは欲しい!
使用時のイメージ。つないでいるスマートフォンは市販されている普通のものだが、アタッチメントをつないで充電パッドに置くと、すぐに充電が始まった

 WPCではNTTドコモの協力を得て、2011年9月から2012年3月まで、全日空の空港内ラウンジや東宝系のシネコン、レストランやマッサージ店などにQi対応のワイヤレスチャージャーを設置するキャンペーンを行なっているという。アタッチメントにはこうした場でお目にかかれるようだが、無接触充電の手軽さを体験できるアイテムだけに、ぜひとも一般向けに販売もしていただきたいものだ。

スマートフォンと組み合わせる充電パッドや充電アダプターも多い。左写真はConvenient Power社のスマートフォン用充電クレイドル右はLS Cable System社のiPhone 4用充電ジャケット。Qiに対応していないiPhone 4でも、これを装着すればQi対応充電パッドから充電可能となる

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン