このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

【追悼】「スティーブ・ジョブズ」の軌跡 第3回

Xcode使いのトリンドル玲奈や、岸田メルのインタビューも

MacPeople編集長は見た—「スティーブ・ジョブズ」の軌跡

2011年10月03日 22時00分更新

文● 広田稔(kawauso3)、語り●吉田博英(MacPeople編集長)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

── あれ、巻頭をよく見ると岸田メルさんのインタビュー!? あのネットで変なカッコしてすごく注目を集めていた方ですよね(失礼)。

吉田 10月2日に「電撃文庫 秋の祭典2011」が秋葉原UDXとベルサール秋葉原で開催されたのね。で、それに伴って、今、電撃文庫のキャラクターが、各雑誌の表紙をジャックするという企画をやってたんだよね。それでMacPeopleは、今テレビアニメもやってる「神様のメモ帳」という。そのイラストを描いてるのが、岸田メルさん。iPhoneユーザーなんですよ。


── あと、表紙はトリンドル玲奈さん。

吉田 インタビューしたら、彼女はお父さんがMacユーザーで家にiMacがあるんだって。今は慶應義塾大学所属で、MacBook Airを大学に持っていってるとか。授業で「Xcode」も使うって言ってました。

── Xcode! マジですか!

OS X標準のプログラミングツール「Xcode」。Mac/iPhone/iPadのソフト開発に必須

吉田 で、トリンドルさんは、写真よりも実物がカワイイ。芸能事務所のスカウトマンって、町中でダイヤの原石を見つけるとかいうじゃないですか。トリンドルさんはスカウトマンじゃなくても誰でも目をつけるだろうというレベルです。

── どんだけカワイイんだ(笑)

吉田 モデル時代は巻き髪だったのが、ここ1年でバラエティー番組に出るようになってストレートになってる。それが似合っていて、すごく高いポテンシャルを実感しました。というわけで盛りだくさんでお届けするので、ぜひMacPeople11月号を店頭でお手に取ってみてください。

176ページの小冊子「Steve Jobs Keynote History 1984-2011」、「MacPeople 11月号

MacPeople×MACPOWER緊急特別編集
CEO スティーブ・ジョブズ

 2011年10月5日、アップルのスティーブ・ジョブズ元CEOが死去しました。月刊誌「MacPeople」では、スティーブ・ジョブズ氏がアップルと歩んできた道を本誌増刊号「CEO スティーブ・ジョブズ」(価格680円)として10月17日に緊急発売します。

 初代Macintoshが発表された1984年からiCloudを発表した2011年までの主要なキーノートスピーチの内容はもちろん、ジョブズ氏の経営哲学までをカラー128ページにぎっしり詰め込みました。スティーブ・ジョブズ氏がアップルやIT業界に残した功績をいま一度再確認できる1冊です。

CEO スティーブ・ジョブズ

「CEO スティーブ・ジョブズ」は、価格680円で10月17日発売。アップル起業から CEO退任までの軌跡をはじめ、初代Macintoshの開発者から見たスティーブ・ジョブズ氏や、NeXT、Pixarにおける活躍も紹介する。巻末には、PC/IT業界で著名な識者の追悼メッセージを掲載している

「基調講演ヒストリー」では、初代Macintoshが発表された1984年1月から、iCloudの重要性について語った2011年6月までの主要な基調講演の内容を紹介

「スティーブ・ジョブズのビジネス哲学」では、ジョブズ流の経営術やプレゼンの手法、人心掌握術などを、さままざまなエピソードから紐解く

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中