このページの本文へ

デュアルディスプレー対応で作業効率が向上

4コアCore i5対応のビジネス向け小型PC、「Endeavor AY320S」

2011年10月11日 12時00分更新

文● 高橋 量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

これからはビジネスマシンにも
クアッドコアを選ぶ時代

 最後に、Endeavor AY320Sのベンチマーク結果をご覧いただこう。今回利用した試用機のスペックは以下のとおり。CPUがCore i5-2400Sになっている点とデュアルディスプレー以外は、最小構成と同じである。

Endeavor AY320S」評価機の主な仕様
CPU Core i5-2400S(2.5GHz)
メインメモリー 2.0GB(2.0GB×1) PC3-10600 DDR3 SDRAM
HDD容量 250GB(7200回転)
光学式ドライブ スーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
OS Windows7 Home Premium 32bit
キーボード 109キー PS/2キーボード
マウス ホイール付きPS/2オプティカルマウス
「LD18W42S」評価機の主な仕様
液晶タイプ ノングレア
液晶サイズ 18.5型ワイド
解像度 1366×768ドット

 Windows 7の快適さを表わす「Windows エクスペリエンス インデックス」では、総合スコアは「4.6」という結果に。これはゲーム用グラフィックスの数値によるものだ。グラフィックスも「4.7」という値だが、Core i5シリーズ内蔵のIntel HD Graphics 2000の性能を考えれば妥当なところ。

 搭載メモリーが2GBのため「5.5」とあまり高くはないが、4GBまたは8GBに増設すればスコアは改善される。CPUの数値は、4コアCore i5-2400Sの効果もあって「7.1」と比較的高い。ハイパースレッディングに対応していないため、最高スコア「7.9」付近までには届かなかったが、十分に高性能であることが分かる。

Endeavor AY320Sの「Windowsエクスペリエンスインデックス」のスコア

 PC全体の性能を測る総合ベンチマークソフト「PCMark Vantage」では、総合スコアは「5866」という結果。3D性能を測る「3DMark Vantage」では、パフォーマンスモードで「1035」という結果である。それぞれCPUの性能は高いが、やはりゲーム用グラフィックスでのスコアが低い。とはいえ、ブラウザーゲームなどは十分快適にプレーできるレベルで、ちょっとした息抜きのゲームにはまったく問題はない。ビジネス向けのマシンなので、ゲームよりのスコアについては参考程度に考えておいたほうがいいだろう。

「PCMark Vantage」32bit版のベンチマーク結果

「3DMark Vantage」ベンチマーク結果

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画