このページの本文へ

解体されるアキバのシンボル・ラジオ会館

ラジオ会館閉鎖直前の廃墟感溢れる風景100連発!

2011年10月28日 00時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax)、写真●住川奈津(@n___chan

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
風流な和室と日本庭園。にわかには信じがたいが、確かにここはラジオ会館内部なのだ

ここは本当にラジオ会館なの……か?

 編集氏と8Fに突撃して思ったのが、何に利用されていたかだ。応接室や社長室、控え室、音響設備、あげくには和風庭園に和室に編集室。

 ラジオ会館を建造した七條兼三氏は将棋好きとして知られ、詰め将棋の作家としても活躍していたそうだ。8Fの和室は名だたる有名棋士たちとの対局室として利用されていた「らしい」など、そんな話をしながら見て回っていた。

 少しインターネットで調べてみたところ、筆者が超敬愛してやまない団鬼六氏と七條兼三氏は交流があったようだ。というか、謎が多い、ほんとに8Fは。この辺り、関係者諸氏に話をうかがってみたいところだ。

いきなり厳重な鍵付きの専用室が登場。謎が謎を呼ぶ8F探索のスタートだ
大部屋の一部が暗幕で仕切られている謎の間取り
いったい何を編集していたのだろうか?
当日の入場者は、コミケ帰りと、ガチ撮影にやってきた趣味人の2パターンに分かれていた様子
いかにも古風な非常用ドアコック
「社長室」と書かれたそっけないドアを開けたら、思った以上にザ・社長室な光景が!
社長室に唯一残されていた日本(というか極東)の古地図。そして窓の外は当然ながらJR秋葉原駅だ
右の写真は、水周りを覆ったシンクのようだ。給湯室の跡だろうか……?
突然、土足厳禁の張り紙が。さっそく脱いで上がったところ……この通り、純和風の畳部屋が。そして白砂がまかれた隠し部屋(?)も発見
そして庭園を望む対局室(?)らしき場所に出る。本当にここはあのラジオ会館なのか?
窓の外は相変わらずの秋葉原。ガラス一枚隔てた場所がこんな異空間とは知らなんだ
庭園から屋上が見える。この箇所のみ吹き抜けになっているようだ
発電設備への扉を発見。残念ながら入れずじまいだった
ついに我々取材班は人工衛星墜落の現場に足を踏み入れる!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ