このページの本文へ

ソフトバンクもAndroidに本気に! 2011年冬春モデル発表会第11回

TD-LTEを利用した下り110Mbpsのサービスをソフトバンクが

2011年09月29日 17時20分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界的に普及が見込まれる?
「TD-LTE」と互換性を持つ技術で提供する

 ソフトバンクグループであるWireless City Planning社は、ウィルコムから継承した「XGP」技術を高度化。「AXGP」(Andvanced XGP)という名称で、世界的に普及が見込まれる「TD-LTE」(TD:Time Division=時分割方式のLTE)と互換性を持つ高速データ通信サービスを11月1日に開始する。最大通信速度は下り最大110Mbps/上り最大15Mbps。

ソフトバンクモバイルは「SoftBank 4G」の名称でサービスを提供する

 一般ユーザー向けのサービスとしては、ソフトバンクモバイルがMVNOとして2012年2月から提供する「SoftBank 4G」で始まる予定。サービスエリアは2011年度末時点では主要都市およびその周辺、2012年度末には政令指定都市の人口カバー率を99%という計画を発表している。なお、Wireless City Planning社のスタッフによると、同社のサービスを利用したMVNO事業を希望する企業に対しての説明会をすでに開催しているとのこと。

ゲストの上戸彩さんとウルトラマンにSoftBank 4Gによってもたらされるサービス像を説明する。ちなみにウルトラマンは3分以上、孫社長の話を聞いていたが、特に問題は無いようだった

 「SoftBank 4G」に対応し、来年2月以降に発売を予定している第1弾端末が「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」だ。端末の仕様的に下りの最大速度は76Mbpsとなるが、それでも現行のモバイルブロードバンドの中では最速クラス。AXGP方式とともに、1.5GHz帯を用いる下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」にも対応し、幅広いエリアで通信が可能になる予定。端末はセイコーインスツル製。

第1弾端末となるセイコーインスツル製の「ULTRA WiFi 4G 101SI」

 気になる料金などの詳細情報は、サービス開始時に持ち越し。孫社長は「競合他社に対し、競争力のある料金を目指す」とコメントした。

タッチ&トライ会場ではUSBアダプター型のテスト機材で100Mbps程度の速度が出ている様子がデモされていた


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン