このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

NECパソコンの故郷で、幻の超薄型Android端末を見た

2011年09月28日 12時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

お蔵入りにするのはもったいない!
超薄型Android端末の試作機も披露

厚さなんと9.9mmという、超薄型Android端末。これで無線LANに3G通信機能も内蔵する

 最後に披露されたのが、小型ガジェット好きにはたまらない、超薄型のキーボード付きAndroid端末の試作機である。重さは約350gで、サイズは幅215×奥行き109×高さ9.9mm! それでいて10時間程度のバッテリー駆動時間を実現し、7型・1024×600ドットのタッチパネルディスプレーとキーボードを備えるという。

 超薄型化でも強度を確保するために金属製の液晶ベゼルを採用したため、普通の作り方では天板に無線アンテナが組み込めない。そこで「スリットアンテナ技術」と称する技術により、金属の天板でもアンテナを内蔵可能にしたという。キーボードもキーストロークが1mmという薄型だが、「軽量井桁構造」という仕組みにより、意外なほど安定したキータッチを実現している。

二重ヒンジにより、ディスプレー部分を裏側まで開くことができる

 当初は商品化を目指して開発を始めたというこのAndroid端末だが、残念ながら諸事情により、商品化はお蔵入りしてしまったという。しかし、試作機で実現された技術は、今後の同社による薄型ノートパソコン開発に生かされるとのこと。いずれ登場するであろうNECP製のUltrabookなどへの応用を期待したい。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン