このページの本文へ

米Google News、ニュース記事を目立たせるための "standout" タグをリリース

2011年09月27日 21時38分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Googleは2011年9月24日、Googleニュース上で記事を目立たせるための新しいタグ"Standout"を発表した。Google News米国版が対象。

独占記事やスクープ、長期にわたる入念な調査に基づいた記事など、ジャーナリストやニュース機関の多大なる努力によって生まれたニュース記事をより多くのユーザーに閲覧してもらう機会を増やすためのタグ。このstandoutタグをheadセクションに入れておくと、Google Newsトップページ及び同検索結果ページに、当該ニュース記事に "Featured"ラベルが付与される。

このタグは、目立たせたい自社のニュース記事またはその記事を書くきっかけとなったニュース源に対してつけることができる。ただし、自社ニュース記事に付与できるstandout数は、1週間に7回までの制限がある。それ以上の記事にstandoutタグをくウェた場合、無視されるか全てが無効とされる。他のサイトのニュース源に対する利用数に制限はない。

standoutタグは、Googleニュースがランキングを計算する際に利用する数多くのシグナル(重要性を判断するための手掛かり、判断基準)の1つに過ぎない。


#
グーグルは以前からニュース検索向けの独自タグをリリースしていますが、あまり普及している感じはないんですよね。メリットがよくわからない。今回は1週間に7つまでと制限をしていて、この制限を設ける趣旨はよくわかるのですが、しかし運用サイドからすると面倒くさいんじゃないでしょうか。他サイトのニュースソースへのリスペクトを兼ねたstandout は使われなでしょう。

Recognizing publishers’ standout content in Google News
http://googlenewsblog.blogspot.com/2011/09/recognizing-publishers-standout-content.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く