このページの本文へ

ASUSTeK「MARS II/2DIS/3GD5」

GTX 580を2基搭載する怪物VGA「MARS II」が発売開始

2011年09月21日 22時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1枚の基板にGeForce GTX 580を2基搭載するというASUSTeK製のモンスタービデオカード「MARS II/2DIS/3GD5」の販売が今日からスタートした。

「MARS II/2DIS/3GD5」
1枚の基板にGeForce GTX 580を2基搭載するというASUSTeK製のモンスタービデオカード「MARS II/2DIS/3GD5」の販売が今日からスタート
販売価格は驚異の約15万5000円。まさにハイエンドユーザーのための至高の一品

 先日近日入荷のニュースをお伝えした「MARS II/2DIS/3GD5」が秋葉原に登場した。
 ASUSTeKのゲーマー向けブランド「ROG」シリーズに属する同製品で、コアのクロックが772MHz→782MHzにオーバークロックされている。安定動作のために電源回路には21フェーズ構成を採用するほか、8ピン外部電源コネクターは3つ使用する。
 クーラーは、3スロット占有タイプの「DirectCU II」を搭載している。120mmファン×2基と放熱フィン、ヒートパイプの組み合わせにより、強力に冷却する。なお、オーバークロック時やベンチマークテスト時など、ビデオカードに“踏ん張ってもらいたい”ときは、カードの上部に付いている「Turbo Fan」ボタンを押せば、デュアルファンを強制的に100パーセントの回転数にできる。

カード上部
カード上部。8ピン外部電源コネクターは3つ使用。その横にあるのが「Turbo Fan」ボタンで、デュアルファンを強制的に100パーセントの回転数にする
背面
背面には鉄板を装着。通気口のほかNEC TOKIN製プロードライザーの部分が見えるようになっている。出力インターフェイスがDVI-I×2/HDMI/Display Port

 主なスペックは、コア/メモリクロックが782MHz/4008MHz、搭載メモリがGDDR5 3GB(384bit×2)、出力インターフェイスがDVI-I×2/HDMI/Display Port。SLIにも対応し2枚差し(Quad SLI)構成も可能だ。

付属 SLIブリッジ×1やDVI-I→D-sub変換アダプター×1、補助電源ケーブル(6pin→8pin変換)×2が付属するほか、ビデオカードの下側面に取り付けるスポンジ状の専用ブラケットが付属。マザーボード上の空きスロットも使い、固定の補助ができる

 付属品にSLIブリッジ×1やDVI-I→D-sub変換アダプター×1、補助電源ケーブル(6pin→8pin変換)×2が含まれる。さらに、世界1000本限定生産の証明として、アルミニウム製のシリアルナンバー入りプレートが同梱されている。
 各ショップでの価格は下の表の通り。

プレート
世界1000本限定生産の証明としてアルミニウム製のシリアルナンバー入りプレートが同梱されている
価格ショップ
「MARS II/2DIS/3GD5」
¥154,970フェイス秋葉原本店
¥154,980パソコンショップアーク
オリオスペック
クレバリー1号店(23日に抽選販売)
ドスパラ パーツ館(完売)
ツクモパソコン本店
¥164,400ソフマップ秋葉原リユース総合館(近日入荷)

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中