このページの本文へ

佐川急便、東京・銀座で私設私書箱サービス開始

2011年09月21日 09時49分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 佐川急便は9月21日、東京・銀座で私設私書箱「飛脚マイボックス」の取り扱いを開始した。

 同サービスは、佐川急便銀座6丁目サービスセンター内に私設私書箱を設置し、顧客(法人・個人)に商品の受け渡し拠点として利用してもらう仕組み。荷物の留め置きだけでなく、到着した商品を別の場所へ発送するなど、物流拠点としての活用も可能となる。

 また、既存の私書箱宛では利用不可能だった保冷品(冷蔵・冷凍)や代金引換サービスも、配送を佐川急便の「飛脚クール便」や「e-コレクト」にすることで可能となる。荷物の到着はメールで顧客に連絡する。

 月額の利用料金はSサイズ(幅148mm×高さ122mm×奥行356mm)で2415円、Mサイズ(268×122×356)で4725円、Lサイズ(268×184×356)で7035円。契約は3カ月以上で、開設費用は1050円、保証金は3000円。6カ月以上の場合、割引が適用される。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く