このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マカフィー2012年版製品ライナップ発表

全部入りスイート「マカフィー オール アクセス 2012」登場

2011年10月03日 11時00分更新

文● 外村克也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PC特化のセキュリティには「マカフィー トータルプロテクション 2012」

PCに特化したセキュリティソフト「マカフィー トータルプロテクション 2012」の機能を紹介する

 PC周りのセキュリティが特に気になるASCII.jp読者へは「マカフィー トータルプロテクション 2012」がおすすめだ。

 ウィンドウズに特化しており、ウイルスや迷惑メール、データ保護などのセキュリティに関する対策機能をすべてまとめた製品となっている。ここでは「マカフィー トータルプロテクション 2012」の機能をひとつずつ紹介していこう。

 まず「マカフィー トータルプロテクション 2012」には、同社の8つのセキュリティ製品が入っている。

  • マカフィー アンチスパム
  • マカフィー アンチセフトファイルプロテクション
  • マカフィー アンチウイルス&アンチスパイウェア
  • マカフィー オンラインバックアップ
  • マカフィー ペアレンタルコントロール
  • マカフィー パーソナルファイアウォール
  • マカフィー クイッククリーン&シュレッダー
  • マカフィー サイトアドバイザー ライブ

 上記すべてのパッケージが入っていながら、価格は1年間3台までのライセンスで8280円(税込)とお買い得感がある。同時に、こんなに沢山ソフトが入っていては、すべての機能を把握するだけでも大変だと思うかもしれない。

 しかし、本製品は「ウイルスおよびスパイウェア対策」「ウェブとメールの保護」「データの保護とバックアップ」「パソコンとホームネットワーク用のツール」「保護者機能」と、5つの用途別に機能が整理されている。そのおかげでどの機能を使えばよいか迷うことなく、トップ画面から目的に応じた使い分けができる。

インストール時の細かな配慮が嬉しい

 機能を解説する前に、インストーラーの出来の良さに触れておきたい。本ソフトはセットアップファイルを起動した直後に、簡単なウイルススキャンが始まる。すでにウイルスが混入しているときでも、その状態に応じたインストールが可能だ。

 また、他のウイルスソフトから乗り換えるときは、アンインストールを促す画面が表示される。セキュリティソフトを二重に入れるとパソコンの動作が不安定になることがあるが、これを防げるというわけだ。老舗のセキュリティソフトメーカーならではの細かい配慮が嬉しい。

「マカフィー トータルプロテクション 2012」のメイン画面

インストール時に他のセキュリティソフトの有無がチェックされるので、競合を防げる

基本機能を少ない操作で実行可能

 ウイルスの駆除は本ソフトの要ともいえる機能だ。ウェブからダウンロードしたファイルやUSBメモリーからのウイルスの侵入をリアルタイムに検知して隔離・削除できる機能を持つ。

 怪しいファイルを右クリックで個別にスキャンしたり、パソコンの動作が気になるときに通知領域から2クリックでフルスキャンできるなどの簡単さも気が利いている。指定した時刻になるとパソコンを自動でスキャンするスケジュール機能にも対応する。

右クリックからファイルごとのスキャン、フルスキャンなどを少ない操作ですばやく実行できる

リアルタイムスキャン機能。メールやメッセンジャーのの添付ファイル、ネットワークドライブなどスキャンの対象といった詳細な項目を設定可能

スケジュールスキャン機能。時刻や曜日の指定の他、「2週ごとの火曜日の4:00」といった指定もできる

 「マカフィー トータルプロテクション 2012」には、他にも個人情報の流失や迷惑メールをブロックする「ウェブとメールの保護」、パソコンの紛失からデータを保護する「データ保護とバックアップ」といった多彩な機能がある。それぞれの機能については、後編で紹介しよう。


後編へ


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

マカフィーは大切なものを守ります。