このページの本文へ

IBM資産のサーバーやストレージを顧客サイトに設置

IBMのマネージドバックアップ「オンサイト・データ保護」

2011年09月16日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月15日、日本IBMはユーザー拠点にIBM資産のサーバーやストレージを設置し、重要データのバックアップを行なう「Smart Business Cloud Managed Backup - オンサイト・データ保護(以下 オンサイト・データ保護)」を開始した。

 

 バックアップ先がIBM資産のサーバーやストレージになるため、初期費用は不要で、ユーザーも資産を保有しないで済む。バックアップの実行や日々の運用はIBMグローバル・デリバリー・センターから遠隔で行なう。インターネットを利用しないため、セキュリティも高い。料金は、転送した容量に応じた従量課金で、バックアップデータの保管期間は30日間となる。

   

 また、ユーザー拠点に設置したバックアップのシステムから、IBMのデータセンターを含む顧客の指定したサイトへのリモートバックアップを行なうオプションも用意しているという。

 

カテゴリートップへ

ピックアップ