このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第161回

スマートフォン

出荷が始まったバーチャルキーボード「Magic Cube」を衝動買い

2011年09月15日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

外見はコンパクト鉛筆削り
Bluetooth HIDにも対応

 外寸の実測は幅38mm×高さ75mm×奥行き30mmも極めてコンパクトだ。miniUSBポートを利用して充電が終われば、本体裏側の上部にあるスライドスイッチを操作してパワーオンする。

上部の横長スリットの中央にあるのがレーザーを発光するキーボードパターン。中央の大きな目玉は指先の位置をトレースするセンサーだ

 Magic Cube本体を安定した机の上などに置くと、ほどなくMagic Cube本体の正面上部の小窓から、赤いレーザー光線が発光し、Magic Cubeの前面約10cmの距離に幅240mm×奥行き100mmのバーチャルキーボードのパターンが赤く投影される。

パワーオンすると、上部のキーボードパターンからレーザー光線が前面斜め下に向かって照射されている様子がよく見えるパワーオン後、すぐにMagic Cubeの前面約10cmの距離にバーチャル・キーボードが現われる。感動の一瞬だ

 Bluetooth HID対応なのでiPhone 4の設定画面の「一般」項目にある“Bluetooth機能をオン”にするだけで、iPhoneは自動的にMagic Cubeを見つけてくれる。あとはiPhone画面上に表示される4桁のパスコードを今、机上に投影されているMagic Cubeキーボードのキートップを指先でタップして、最後にエンターキーを押す。それで、iPhoneとMagic Cubeキーボードはリンクされる。

iPhone 4とのBluetooth接続はあっと言う間に終わってしまう。極めて簡単だ

 キートップのどの位置が指先にタップされたかは、常にMagic Cube本体前面中央にある“目玉のようなセンサー”がモニタリングしている。バーチャルキーボードの「MENU」と「Spaceバー」をタップする度に、「日本語テンキー」と、「English」、「日本語ローマ字」の3つの入力スタイルがループする。

 Magic Cubeは、Windows 7クライアントとの使用であれば、指先のジェスチャーで、ズームやドラッグ、スクロールなどの画面操作ができるバーチャルマウス機能にも対応しているが、iPhoneやAndroidケータイでは、バーチャル・キーボード機能のみとなる。個人差はあるだろうが、赤いキーボードを長時間使ってると筆者は多少目が疲れた。

明るい電灯の下でもレーザーのキーボードは極めてよく見える

 Magic Cubeは、スマホ対応の外部キーボードを検討中のiPhoneユーザーやAndroidユーザーにとって、他の外付けキーボードでは決して味わうことのできない圧倒的な「差別感」と、周囲の「注目度」を味わえる、極めてCOOLで目立ち度抜群のアイテムだ。ただし常に目の前に30平方センチの自己管理できる敷地を確保できるユーザーだけの特権だ。

部屋の電気を消すと幻想的ではあるが、目に良くなさそうなのでお薦めはしない
T教授

今回の衝動買い

アイテム:セルオン「Magic Cube
価格:1万9950円(RESTIR.COMにて購入)

T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるhttp://www.facebook.com/KOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン