このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー第116回

パワフルで長時間駆動のスリムモバイル ASUSTeK U36SD

2011年09月09日 12時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 何ごとにも、ちょうどいいサイズというものがある。例えばモバイルノートであれば、13型クラスのワイド液晶ディスプレーを搭載した機種というのが、筆者なりのベストサイズと考える。本体サイズがA4ファイルサイズにほぼ収まるため持ち運び時の収容に困らないし、それでいて十分な広さの作業環境(表示解像度)を備える。

 今回紹介するASUSTeK Computerの「U36SD」は、13.3型ワイドディスプレーを搭載する、コンシューマ向けのスリムなモバイルノートである。持ち運んでバリバリ使う人を対象としたシンプルな高性能機だ。

ASUSTeK「U36SD」

研ぎ澄まされた1スピンドルモバイル

 それはすべて薄さと軽さのためであろう。黒をベースとしたスマートなボディーは写真でこそ大きく見えるが、サイズは幅328×奥行き238×高さ19.5~28mmしかない。フットプリントはA4用バインダー程度だ。

 特に注目したいのは厚さ。28mmの最厚部は後部のバッテリー搭載部分であり、中ほどから前にかけては極限まで厚みを抑えている。見た目は心もとないものの、天板・パームレスト・本体下部はアルミニウム合金製で硬く、手に持ってもしっかりとしている。質量は約1.6kg、このサイズのモバイルノートでは軽量な部類に入る。

特にディスプレー部分が薄く見えるが、本体もなかなか薄くてスタイリッシュ。天板には汚れを付着しにくくする「ナノコーティング」済み
本体左側面。左から電源コネクター、アナログRGB出力、USB 2.0×2ポートを装備。空冷ファンが手前にあるが、騒音は抑制されている。それにしても本体部分の薄さが目に付く本体右側面。左からヘッドホン、マイク、メモリーカードスロット、USB 3.0、HDMI出力、有線LAN

 サイドから見てもスタイリッシュだ。装飾っぽい要素がなく、ぜい肉を極限までそぎ落としたデザインは、(いささか失礼だが)ASUS製品としては珍しく洗練されている。

 ユニークなのは天板やパームレスト、キーボードの周囲などに、同社独自の「ナノコーティング」を採用している点だ。これは、微細な凹凸を付けた上にテフロンの微粒子を塗布したもので、汚れを付きにくくしているという。確かに手でべたべた触っても皮脂汚れが残ることがない。片手で小脇に抱えて持ち運ぶ機会もあるモバイルでは、出先で広げても汚れが目立たないのはうれしい。

撥水性のテフロン微粒子を塗布してあるというナノコーティング。パームレストに水をたらしても、さっとふき取るだけで跡が残らない。ただし防水ではないので真似しないように!

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン