このページの本文へ

ソニー、価格15万円前後の家庭用蓄電池「CP-S300」を10月発売

2011年09月05日 13時01分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは、電池容量300Whの家庭用蓄電池「ホームエネルギーサーバー CP-S300E」「CP-S300W」を発表した。CP-S300Wは商用電源周波数60Hz地域専用モデルで、CP-S300Eは50Hz地域専用。発売日はそれぞれ10月予定で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は15万円前後。

ホームエネルギーサーバー「CP-S300E」「CP-S300W」

 CP-S300E/CP-S300Wの公称容量(min./typ.)は290/300Whで、入力はDC19.5V 3.9A。CP-S300自体の充電に要する時間は6時間。LEDなどの照明器具の場合、約10時間の給電が可能で、スマートホンの場合は約30回分の満充電が可能としている。

CP-S300で利用可能な機器の目安
利用可能機器 電力供給時間
(定格消費電力)
LEDなどの照明器具 約10時間(25Wの場合)
ラジオ 約25時間(10Wの場合)
携帯電話/スマートホン 約50時間(5Wの場合)
固定電話(親機)
ノートPC 約1.5〜5時間(50W〜150Wの場合)
液晶TV/プラズマTV
(40型以下)
約1〜2.5時間(100W〜300Wの場合)
扇風機 約5時間(50Wの場合)
BD/DVDレコーダー
CP-S300で利用不可の機器
種別 説明
消費電力が
300Wh以上の機器
41型以上の薄型TV、アイロン、空気清浄機、コタツ、炊飯器、洗濯機、掃除機、デスクトップPC、電気ストーブ、電気ポット、電子レンジ、電磁調理器、ドライヤー、ブラウン管TV、ホットプレート、冷蔵庫など
人命/人身/公共に
かかわるもの
人命に直接かかわる医療機器/システム、人身の損傷にいたる可能性のある機器/システム、社会的/公共的に重要な機器/システム、これらに準ずる装置/システム

 ソニー製のオリビン型リン酸鉄リチウムイオン二次電池を内蔵しており、室温(摂氏23度)で1日1回の充電/放電の場合、10年以上繰り返し使える長寿命となっている。また、満充電後1年間充電しなくても、バッテリー残量が90%程度保持されるという。このほか、過電流防止装置/保護タイマー/異常温度・異常出力検知機能を搭載している。

 商用電源周波数60Hz地域専用モデルのCP-S300Wは、中部/北陸/関西/中国/四国/九州/沖縄電力の地域で利用可能で、50Hz地域専用のCP-S300Eは、北海道/東北/東京電力の地域で利用できる(詳細は、管轄電力会社の情報を参照されたい)。

 サイズは幅210×高さ350×奥行き290mmで、重量は約12kg。ACコンセントを2口搭載している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン