このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Sony Tabletハードウェアチェック

「Sony Tablet S」「Sony Tablet P」ファーストインプレッション

2011年09月06日 12時00分更新

文● 後藤宏

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インターフェースも充実
ただしmicroSDスロットは本体カバー内にあり

 インターフェース類は、microUSBやヘッドフォン出力などSony Tablet Sシリーズと同じ端子を備えているが、赤外線通信は非搭載となっており、リモコン機能は利用できない。

コンパクトにまとめられたボディながらも、インターフェースはSony Tablet Sシリーズと同等。microSDカードスロットも搭載しているが、本体カバーを外し、さらにバッテリーを外さないと入れ替えられない

 microSDカードスロットも搭載しているが、本体カバーを外し、さらにバッテリーを外さないと入れ替えられない。一度差し込んだら、交換せずに利用し続けるという方のほうが多いだろう。

 内蔵のストレージ容量が4GBと少ないだけに、カードスロットはSony Tablet Sシリーズのように、本体側面に配置してほしかったところだ。モバイル利用に特化していることもあり、ややユーザーを選ぶ仕様かもしれない。

音楽再生で約16.8時間、動画再生時で6.5時間の
バッテリー駆動時間

 Sony Tablet Pのバッテリー駆動時間は、スタンバイ時が約120時間、音楽再生で約16.8時間とSony Tablet Sシリーズより大幅に短い。とはいえ、動画再生時で6.5時間を確保したほか、ウェブサイトの閲覧では、Wi-Fi利用時で約6.1時間、3G通信では4.6時間と、Sony Tablet Sシリーズと同等の駆動時間を実現している。ノートPC代わりにメールやウェブのチェック、あるいは出先でのプレゼンに使いたいという場合には、十分な駆動時間といえるだろう。

主な仕様
製品名 ソニー「Sony Tablet P
型番 SGPT211JP/S
(Wi-Fi+3Gモデル)
店頭想定価格 未定
プラットフォーム NVIDIA Tegra 2(1GHz)
ストレージ容量 4GB
ディスプレー(解像度) 5.5型液晶(1024×480ドット)×2、LEDバックライト
フロントカメラ 最大解像度640×480ドット/有効画素数30万画素
リアカメラ "Exmor for mobile" CMOS センサー搭載 HDカメラ。動画解像度:最大1280×720ドット(30fps)、静止画解像度:最大2592×1944ドット。有効画素数511万画素。デジタルズーム、オートフォーカス、シーンセレクション、ホワイトバランス、露出補正が可能
センサー 3軸加速センサー、ジャイロ、デジタルコンパス、照度センサー
ネットワーク機能 3G、無線LAN(IEEE 802.11b/g)、Bluetooth 2.1+EDR
インターフェース USB 2.0 Micro-B端子、ヘッドホン出力/マイク入力ほか
カードスロット microSDメモリーカード
サイズ 開いたとき:横幅約180×縦158×厚さ14mm、閉じたとき:横幅約180×縦79×厚さ26mm
重量 約372g
バッテリー駆動時間 スタンバイ時:約120時間、音楽再生時:約16.8時間、ビデオ再生時:約6.5時間、Wi-Fi ウェブ閲覧時:約6.1時間、3G ウェブ閲覧時:約4.6時間
OS Android 3.2

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン