このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第159回

iPad 2で原稿を書くために、究極のキーボードを探す

2011年09月01日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

安定性重視のためか?
キーボードの溝は思ったよりもタイト

 カラーバランス的には筆者のiPad 2(ホワイト)と相性が良さそうなので、ZAGG KEYS SOLO(白)をZAGG Folio用として入れ替えて愛用している。ZAGG Folioのキーボードも、ZAGG KEYS SOLOのキーボードもBluetooth通信で接続される。実用性の有無は別として、両キーボードとも筆者のiPhone 4でもまったく問題なく使用できた。ただし、iPhone 4では一切のカバー類を取り外さなければ、キーボードの溝に収まらないくらいタイトだ。

銀色のZAGG Folio用のキーボード(左)とZAGG KEYS SOLOの白いキーボード(右)
やはり筆者の白いiPad 2にはZAGG KEYS SOLOの白いキーボードが似合う使用時の状態では、カーボン模様のFolio(2つ折りの紙)の一部がiPad 2を上手く支える構造になっているiPad 2とAndroidタブレットに共用のZAGG KEYS SOLOは、キーボードの左下にアンドロイド・キーが用意されている。Appleキーとアンドロイドキーの両方の機能が併記されているので少し煩雑な感じはする
すべてのカバーやバンパーを取り除けば、iPhone 4はZAGG KEYS SOLOの溝にキッチリと収まってくれるZAGG KEYS SOLOの白モデルはiPhone 4(白)ともデザイン的にピッタリだ

 ZAGGのいずれのキーボードも、さすがにiPhone 4のソフトウエアキーボードとは入力の快適さは雲泥の開きがある。iPhone 4本体と比較すると、大きすぎるキーボードではあるが、1つの選択肢として、iPhone 4+ZAGG KEYS SOLOという選択もあり得ると感じた。

 iPad 2を収納したZAGG Folioは、実測で約1180gになる。これはすでに筆者のSONY VAIO Xより相当重いし、MacBook Airにも迫る重量だ。

あくまでカーボン柄のFolioだが、収納時のイメージは、モバイルPCのイメージだ
iPad Dockやスピーカーといった部分は開放されている各種スイッチ部分も開放されているので、ZAGG Folioを装着したまま従来通りの操作に支障はまったくない
カーボン柄だが、リトラクタブルな補助足となってiPad 2を支えているのを見ると、本物のカーボンに見えてしまう

 実は、iPadが登場するずっと以前に“タブレットPC”は生まれた。モバイル環境だけを考えた場合、タブレットが生まれた頃も、そして今も、“タブレットはモバイルPCの置き換えなのか?”、”まったく別のコンセプトで、両方所有して両方持ち歩くモノなのか?”その問いに筆者はいまだ答えが見つかっていない。

 MacBook Airがあと300g軽くなり、iPadと同じタッチパネル・ユーザーインターフェースとなり、キーボードを普段は反対側にグルッと折り返すことができたら、筆者的には解決するのかもしれない。さて、そんな素晴らしい時代がやってくるまでは、魅力的な外付けキーボードが発売されるごとに衝動買いを続けていこう。

PCを持たずに、何でもiPadの旅は、まだまだ終わらない……
T教授

今回の衝動買い

アイテム:「ZAGG Folio
ZAGG KEYS SOLO
価格:ZAGG Folio(99.00ドル)、ZAGG KEYS SOLO(69.99ドル)( ZAGG MATEにて購入)

T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるhttp://www.facebook.com/KOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン