このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

16歳・竹富聖花が北海道と沖縄で魅せちゃいました

2011年08月31日 19時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年「グラビアJAPAN 2010」グランプリを獲得し、今年はTBS系「ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA」や同局系「生まれる。」にも出演した竹富聖花さんが、ファーストDVD「FULL FACE~聖なる花~」(発売:リバプール/3990円)を発売。28日に秋葉原のソフマップアミューズメント館で記念イベントが行なわれた。

 デビューして1年くらいだが、各方面で期待をかけられている16歳。美少女と表現するにふさわしい印象を持っている。ファーストDVDは3月に北海道で撮影したあと、沖縄にも行ってきたという。日本の南北、両極端なイメージでそれぞれ見せるという内容だ。

――北海道と沖縄の撮影で何か印象に残っていることはありますか?
【竹富聖花】旭山動物園が楽しかったですね。バニラ味のソフトクリームを食べたりしました。

――DVDには、どんなシーンが収録されていますか?
【竹富聖花】沖縄の海ではしゃいだり、黒いビキニでクールに決めたり。黒いビキニは大人っぽかったので、ちょっと恥ずかしかったです。

――お気に入りのシーンは?
【竹富聖花】北海道の撮影になるのですが、白い雪の中で白いワンピースを着ているところが好きです。すごく寒かったのですが、白×白ですごくきれいなイメージです。

 10月1日から公開されるアニメ映画「とある飛空士への追憶」では、ヒロイン・ファナ役で声優に初挑戦。これまでの演技とはまた違った難しさがあると述べているが、秋以降は何かと話題になりそうだ。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ