このページの本文へ

光学24倍&無線LAN内蔵のコンデジ「LUMIX」登場

2011年09月01日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックから、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX」の新機種として、高倍率ズーム機の「DMC-FZ150」と、無線LAN内蔵の「DMC-FX90」が発表された。ともに9月22日発売予定だ。

「DMC-FZ150」

「DMC-FZ150」

背面

背面には可変式液晶を搭載する

 光学24倍ズームレンズを搭載するFZ150(予想実売価格5万5000円前後)は、新型の1210万画素MOSセンサーを採用。高感度撮影に強く、従来のMOSセンサーと比較して暗所のS/N比を1.5倍向上させている。感度も「高感度モード」時でISO 6400まで設定できる。

 連写速度も高速化され、フル画素、メカシャッターで最大12コマ/秒の連写が行なえる。また、AFも従来機と比較して2倍高速化され、約0.1秒で合焦する。

 動画撮影は「AVCHD Progressive」に対応し、フルHDの60p記録ができるようになった。加えて連続記録時間も無制限(SDメモリーカードがいっぱいになるまで)となった。

 背面液晶ディスプレーは3型(46万画素)で可変式。本体サイズは幅124.3×奥行き95.2×高さ81.7mm、撮影時重量は約528gとなる。

「DMC-FX90」

「DMC-FX90」

背面にはタッチパネルディスプレーを搭載

背面にはタッチパネルディスプレーを搭載

 光学5倍ズームレンズ搭載のFX90(予想実売価格3万5000円前後)は、IEEE 802.11b/g/nの無線LANを内蔵。Androidスマートフォンやパソコン、同社のAV機器、Webサービスなどに撮影画像や動画を直接転送できる。

 スマホで画像を受信するには専用のアプリが必要。アプリは画像の受信はもちろん、受信した画像を3G回線でWebサービスなどに転送することができるため、無線LAN環境がない場所でも画像アップロードができる。

 無線LANが使える環境にいる場合は、FX90から同社のサービス「LUMIX CLUB PicMate」を介して、直接「Facebook」や「YouTube」「Picasa」「mixi」「flickr」といったWebサービスに画像や動画を転送することができる。

 なお、FX90はAVCHDとMP4でのフルHD動画撮影に対応しているが、送信できるのはMP4形式のみとなる。

 撮像素子には1210万画素のCCDセンサーを採用し、3型(46万画素)のタッチパネルディスプレーを搭載。従来機で好評だった、明るさや色味を簡単に調整できる「アートレタッチ」や、写真に化粧を施したり目や輪郭などを修正できる「ビューティレタッチ」機能を搭載する。

 本体サイズは幅99.7×奥行き21.6×高さ56.3mm、撮影時重量は約149gとなる。

同社は同時に薄さ9.6mmのデジタルフォトフレーム「MW-S300」も発表。7型ディスプレー搭載で2GBのメモリーを内蔵する。9月15日発売

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン