このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ニコンがコンパクトデジタルカメラ秋モデルを発表

プロジェクター内蔵から最上位機までCOOLPIX 6機種登場

2011年08月24日 17時59分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

   ニコンからコンパクトデジタルカメラ6機種が発表された。主力機種となるのは「COOLPIX S8200」と「COOLPIX S6200」の2機種で、どちらも9月22日発売となる。

人物以外の被写体にもピントが合う「COOLPIX S8200」

「COOLPIX S8200」 「COOLPIX S8200」
光学14倍ズームレンズを搭載する 背面液晶は3型(92万画素)
光学14倍ズームレンズを搭載する背面液晶は3型(92万画素)

 「COOLPIX S8200」(予想実売価格3万8000円前後)は1610万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用した光学14倍(25~350mm相当)ズーム機。

「ぴったりAF」を利用すればニコンのロゴにも自動でピントが合う。この機能を使いたくなければ「ターゲットファインAF」をオフにすればいい

 S8200では新たに、人物以外の被写体でも自動で判断してピントを合わせる「ぴったりAF」を搭載。ニコン独自技術の「ターゲットファインAF」により、色や形などでメインとなる被写体を予測し、ピントを合わせる。

 本体サイズは幅103.7×奥行き32.7×高さ59.3mm、撮影時重量は約213gとなる。

コンパクトな10倍ズーム機「COOLPIX S6200」

「COOLPIX S6200」 「COOLPIX S6200」
10倍ズームレンズ搭載機としては比較的コンパクトなボディ カラーラインアップは、上のレッドを含む全5色
10倍ズームレンズ搭載機としては比較的コンパクトなボディカラーラインアップは、上のレッドを含む全5色

 「COOLPIX S6200」(予想実売価格2万8000円前後)は光学10倍(25~250mm相当)ズームレンズを搭載しながら、幅93×奥行き25.4×高さ56.7mmというコンパクトさが特徴。撮影時重量は約160gとなる。 

 撮像素子は1600万画素のCCDセンサーを採用する。

静電式タッチモニター採用の「COOLPIX S100」

「COOLPIX S100」は前面にスライド式のパネルを搭載。パネルを開くことで電源が入る
背面は全面タッチパネルモニターとなっている 18.1mmという薄さで、見た目はスタイリッシュ
背面は全面タッチパネルモニターとなっている。静電容量式なので操作はスムーズ18.1mmという薄さで、見た目はスタイリッシュ

 9月8日発売の「COOLPIX S100」(予想実売価格3万2000円前後)は、静電容量方式のタッチセンターを採用した、3.5型ワイド有機ELモニターを搭載。マルチタッチ対応に対応しており、画像の拡大縮小などがスムーズに行なえる。また、タッチシャッターやタッチAF/AEなども利用可能だ。

 撮像素子は1600万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用し、光学5倍ズームレンズを搭載。幅99×奥行き18.1×高さ65.7mmという薄型ボディも特徴だ。撮影時重量は約138gとなる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン