ASRock「A75M-ITX」

「AMD A75」初のMini-ITXマザーがASRockからデビュー!

文●増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「AMD A75」チップセットを搭載したSocket FM1対応マザーボードとしては初のMini-ITXフォームファクタとなる「A75M-ITX」がASRockから発売となった。

「A75M-ITX」

Socket FM1対応マザーボードとしては初のMini-ITXフォームファクタとなる「A75M-ITX」。チップセットにMD Aシリーズに対応する「AMD A75」を採用する

 同製品はAMD AシリーズAPUが搭載可能な初のMini-ITX対応マザーボード。強力なグラフィックス能力を有するAMD Aシリーズだけに、Mini-ITXなどを使った小型のシステム構築を考えていたユーザーも多いはずだ。
 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、メモリスロットがDDR3-DIMM×2(DDR3 2400+(OC)/1866(OC)/1600(OC)/1333/1066/800、最大16GB)という構成。
 オンボードインターフェイスとして、ギガビットイーサネット(Realtek/8111E)、8chサウンド(Realtek/ALC892)、SATA3.0×4、USB3.0×4などを装備している。また、I/O部のグラフィックス出力にはHDMI/D-subを備える。
 その他、品質面では「ASRock DuraCap」(2.5倍寿命)、100%日本メーカー製導電性高分子コンデンサーを採用。ASRock独自機能の「App Charger」、「ASRock AIWI」、「Instant Boot」に加え、次世代BIOS「UEFI」もサポートする。
 価格および販売ショップは以下の通り。現在、多数のショップで展開中のAMD Aシリーズと同時購入によるセット割り引きを併用すれば、かなり安く購入することも可能だ。

本体

チップセット標準でSATA3.0×4、USB3.0×4などを標準で装備。PCI Express(2.0) x16スロットも1本あるのでVGAの増設時も困ることはない。なおI/O部のグラフィックス出力にはHDMI/D-subが用意されている

価格 ショップ
「A75M-ITX」
¥8,980 パソコンショップアーク
ドスパラ パーツ館
ソフマップ秋葉原リユース総合館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
パソコンハウス東映
PC DIY SHOP FreeT
ZOA秋葉原本店

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2021年
01月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月