このページの本文へ

VMware ESX/ESXi、Xen、OracleVMには対応済み

オープンソースの管理ソフト「Hinemos」がHyper-VとKVMに対応

2011年08月09日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月8日、NTTデータはオープンソースの統合運用管理ソフトウェア「Hinemos(ヒネモス)」が搭載する仮想化環境の管理機能「Hinemos VM管理オプション」をマイクロソフトの「Hyper-V」およびレッドハットの「KVM2」に対応させたと発表した。

 Hinemos VM管理オプションは、これまでVMware ESX/ESXi、Xen、OracleVMに対応しており、今回の追加で、大半の仮想化基盤に対応したことになる。本製品を使うことで、仮想化/非仮想化サーバーが混在した環境でも、一元的にシステム全体を管理できるようになる。仮想化基盤ソフトウェアが動作する物理サーバーと仮想化サーバーの対応付けの自動検出が可能で、運用中の物理サーバーをまたがった仮想化サーバーの移動にも対応する。

 また、仮想マシンからは直接取得できない正確なリソース使用状況や、「リソース不足量」といった仮想化環境特有の情報を取得することが可能だ。仮想化サーバーに割り当てられたリソース(CPU、メモリ)の変更も、HinemosのGUIから行えるという。

 価格はオープンプライスで、製品出荷開始は、KVM対応版が8月8日、Hyper-V対応版が9月末の予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ