このページの本文へ

THORTECH「THUNDERBOLT PLUS 800W」

5インチユニットも付属するGeIL初の800W電源がデビュー

2011年07月28日 22時07分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GeILのサブブランドとなる「THORTECH」から、同社初の電源ユニット「THUNDERBOLT PLUS 800W」(型番:TTB800G)が発売となった。

TTB800G
GeILのサブブランド「THORTECH」から電源ユニット「THUNDERBOLT PLUS 800W」(型番:TTB800G)が発売。着脱可能なモジュラー式のケーブルを採用する

 この製品は、80PLUS GOLD認証を取得した容量800Wの電源ユニット。国内ではメモリメーカーとして知られるGeIL初の電源ユニットとなる。特徴は、変換効率/消費電力などがリアルタイムでモニタリングできる5インチベイ内蔵ユニット「iPowerMeter」が付属するところだ。

「iPowerMeter」
変換効率/消費電力などがリアルタイムでモニタリングできる5インチ内蔵ユニット「iPowerMeter」。消費電力表示は、CPUやグラフィックスカードが+12Vの出力をどの程度使用しているか把握するのに非常に便利な機能だ

 ケーブル構成は、メインATX20+4pinとCPU4+4pinに加えてPCIe 6+2pin×2以外はモジュラー式を採用。規格はATX12V Ver2.3/SSI EPS 12V Ver2.91に準拠するほか、+12V1系統65Aは、NVIDIA SLI、AMD CrossFire Xのマルチグラフィックス構成もしっかりとサポートする。その他、日本ケミコン社製105度コンデンサを採用しMTBF(平均故障間隔)12万時間をうたうのもポイント。
 また、電源本体とは専用ケーブルで接続される付属の5インチ内蔵ユニット「iPowerMeter」は、消費電力に加えて電源変換効率、各種電圧/電流、温度のモニタリング、ファン回転数の変更などが可能となる。
 価格は以下の通りだ。

「iPowerMeter」
フロントはヘアライン処理が施されたアルミパネルを装着。ケースに搭載した際もデザインを損なうことはない
価格ショップ
「THUNDERBOLT PLUS 800W」
¥25,770フェイス秋葉原本店
¥25,780TWOTOP秋葉原本店
¥25,800パソコンショップアーク

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中