このページの本文へ

パッケージ版の販売は8月5日から

MS製の新開発ツール「LightSwitch 2011」がMSDNで公開

2011年07月28日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月27日、日本マイクロソフトは新開発の統合開発ツール「Visual Studio LightSwitch 2011 日本語版」をMSDN Subscription会員向けに提供開始した。

これまでのVisual Studioより手軽に業務アプリ開発を行なえる「Visual Studio LightSwitch 2011 日本語版」

 LightSwitchは、デスクトップからクラウドまで対応した業務アプリケーションを、従来の開発ツールよりさらに手軽で簡単に作成することを可能にするという開発ツール。データの入力や参照、更新、削除、検索などを行うためのフォームやグリッドを中心としたアプリケーションを、テンプレートを使ってマウス操作による開発が行なえる。独自のテンプレートやコントロール、テーマ、シェルなどの開発と、その利用もできるほか、さらに高度な開発が必要になった場合は、Visual Studio 2010 Professional以上を利用して、LightSwitchで開発したアプリケーションを拡張していくことも可能だ。

 MSDN Subscriptionはソフトウェア開発者向けの年額制サービスで、開発製品群の提供に加え、開発やテスト用にOSやアプリケーションなどの利用が可能になる。今回のLightSwitchも、MSDN Subscriptionに加入していれば、追加費用なしで利用可能だ。

 なお、LightSwitchの一般向けの販売は、企業向けのボリュームライセンスが8月1日から、パッケージ製品は8月5日からとなる。パッケージ版の参考価格は、通常版が3万7800円、アカデミック版が4800円となる。新発売を記念して、8月1日から2012年1月31日までの期間限定で、通常価格より約33%の割り引きで提供するキャンペーンも実施する。

 また、90日間利用可能な評価版も用意する。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ