このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Android/iPhoneユーザーもこの完成度の高さには注目したい

ヌルヌルと滑らかに動くWindows Phone 7.5端末を触ってきた

2011年07月27日 17時30分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

IS12Tの写真をまだまだ掲載

右側面には電源キー、ボリュームキー、シャッターキーを装備。日本のメーカーのスマホなので、ストラップホールもある

Androidユーザーがうれしいのがバックキーの存在。カメラは日本のケータイ的に1320万画素と非常にリッチ

防水対応ということでキャップ類はかなりしっかりめ

ファッションブランドとのコラボカバーを用意する

Bingマップの日本対応がやや弱めなせいもあってか、プリインストールされているNAVITIMEの必要性が高そう。マップや乗換案内などが利用できる

Xbox Live連携ではアバターや実績を共有できる

Marketplaceの登録アプリは英語版が中心だが、すでに2万4000本あるとのこと。最初のメニューで右側にあるボタンを押すと、このようなアプリ一覧が表示される

ビジネスユーザー向けという印象がつかないよう意識しているのか、Officeとの連携はあまり強調されなかったが、Windows Phoneの強力な機能の1つである

撮影した写真はピクチャ機能の壁紙になった。音楽機能はZuneと呼ばれ、PCとの連携も可能

内蔵ストレージとして32GBの領域が用意されているが、外部メモリーカードは利用できないので注意

タスクマネージャーではこのように、スライドしてアプリケーションを選ぶことができる


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン