このページの本文へ

光学30倍ズームレンズ搭載の「FinePix S4000」登場

2011年07月27日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「FinePix S4000」 「FinePix S4000」

 富士フイルムから、光学30倍ズームレンズを内蔵したデジタルカメラ「FinePix S4000」が発表された。8月6日発売予定で、予想実売価格は3万円前後。

 従来の「S3200」は光学24倍ズームレンズを搭載し、24~576mmまでの撮影が可能だったが、S4000では最大720mmの望遠撮影が可能となった。

 また、背面モニターのサイズは従来と同じ3型だが、解像度が約23万ドットから約46万ドットとなり、高精細化した。

 撮像素子は従来と同じ1400万画素の1/2.3型CCDセンサーを採用。1280×720ドットの動画撮影も可能だ。本体サイズは幅118×奥行き99.8×高さ80.9mm、撮影時重量は約540g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン