このページの本文へ

今度は端末管理も!iPhoneアプリ配布

iPhone管理・アプリ配布のASP「Smart AirPort」新版

2011年07月26日 08時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月25日、リアルコムは、iPhoneとiPadに対応するスマートフォン管理・アプリ配布のASPサービスの新バージョン「Smart AirPort Ver.2.0」を8月1日に発売すると発表した。

自社専用のiPhone/iPadアプリの配信を行なう「Smart AirPort」。アップルの「iOS Developer Enterprise Program」を利用するサービスだ

 Smart AirPortは、アップルの公式マーケットプレイス「App Store」を経由せずに、社内用に開発したアプリやプロファイルを配布するためのサービス。

 これまでアプリ配布に特化していたが、

  • プライベートでスマートフォンを利用する社員が増えており、私用端末の業務利用要求を無視できなくなってきた
  • 災害発時の事業継続要請やクラウドサービスとの連携による利用シーンが増えている

という理由より、企業でのスマートフォン管理全般に対する要望がつねに多く寄せられたという。

 そこで今回の新バージョンでは、iPhoneの利用開始から除却までのライフサイクル全般をサポートする「MDM(Mobile Device Management)」領域の機能が加わった。

スマートフォン(iPhone 等)のライフサイクルと対応するSmart AirPort のおもな機能

 価格は、初期費用20万円、月額費用が100円/端末。なお、App Storeを経由せずにアプリを配布する仕組みを利用するため、アップルの「iOS Developer Enterprise Program」への加入が別途必要となる。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ