このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

アニメファンならぜひ行きたい!聖地巡礼ツアー 第15回

「花咲くいろは」の聖地を放送中だけど巡礼してきた!

2011年07月29日 18時00分更新

文● 中村信博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 湯涌温泉の探訪を終わった筆者は、塩硝街道を城端に抜け、東海北陸道の福光インターチェンジから帰途に着いた。湯涌温泉と城端は峠ひとつ挟んだお隣どうしで、クルマやバイク利用の人はついでにtrue tearsの聖地を訪れてみるのもいいかもしれない。ただし、途中の峠道は道幅が狭いところもあるので、通行には十分に注意してほしい。

塩硝街道を抜けて、城端へ。塩硝街道は越中五箇山と金沢を結ぶ旧街道で、かつては五箇山で産出された火薬の原料となる塩硝を、金沢まで運ぶ重要な交易ルートであった

城端へのルートの途中にあるのが、この刀利ダム。黒四ダムと同じアーチ式と重力式を組み合わせた珍しい構造をしていて、ダムマニアには有名なところなのだとか。ちなみに、このダムの完成で失われた中河内という集落には江戸時代に遊郭があり、そこで働いていた人々は峠を越えて湯涌温泉に出向き、疲れた身体を癒していたという

 石川県の南北をつなぐ旅となった今回の「花咲くいろは」聖地探訪。西岸駅と湯涌温泉、2つの場所は遠く離れてはいるけれど、ひとつの作品を通じて互いに地域を盛り上げていこうとする地元の人々の心遣いが感じられた。

 アニメやマンガの聖地として成功している場所はいずれの地域でもそうだが、その場所が持つ空気感や風景に何も手を加えず、むしろそのままの姿で旅人を迎えている。そういう「飾らない風景」を楽しみたいからこそわれわれ旅人は聖地を探訪するわけで、その意味では今回の2ヵ所についても、名作の聖地としてこれから末永く旅人が訪れる場所となっていくことだろう。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ