このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ハンゲームのNHNの本社はリフレッシュ施設がマジ凄かった!

2011年07月23日 00時00分更新

文● 太田 渉/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ATMや授乳室まで!
社内向け施設は16Fに設置

 医師が常駐している医務室や配達室といった社内向けの施設は16Fに集まっている。こちらにはパソコンを修理してくれるPCヘルプデスクやコンサルティングルーム、ATMまで用意されている。

いわゆる総務的な役割りを担っている場所なのだが、ホテルや銀行のような窓口となっている
パソコンのトラブルを解決してくれるヘルプデスクATMまで設置されている

次はオフィスフロア
長時間会議できない仕組みも

 続いて紹介するのは、社員が仕事をする業務フロア。当然ながら仕事の邪魔になるので、作業スペースは立ち入り禁止。反対側に設置されていた会議スペースを紹介しよう。

我々が取材したのは平日なので、当然ながらNHN社員は仕事中頻繁な部署異動があるためか、OA機器にまでキャスターが付いていたことは印象深かった
業務スペースの反対側には、簡単な会議や雑談ができるスペースが用意されている

ずっと会議したくなる?
最後は最上階をご紹介

 最後に最上階である27階のフロアを紹介しよう。最上階だが、重役用の部屋というわけではなく、ランチスペースと多様な会議室が用意されたフロアになっている。

韓国では一番後輩が先輩たちのランチを運ぶという体育会的な習慣があるそうで、写真のようなトレイを大量に運べるカートが用意されていた
さまざまな形の会議室が用意されている。回転テーブル付きといったとても楽しい部屋もあるが……
1面真っ白といった威圧感タップリな会議室も用意されていた
ちなみに地味に羨ましいと思ったポイントはこのエレベーター。降りたい階層のボタンを、エレベーターに乗る前に事前に押すことで、ほとんどノンストップで目的地に到着できる

 NHN本社の紹介はこれで以上となる。遊び心や多様なリラクゼーション施設を取り入れることで、同社の柔軟な発想が生まれる理由を垣間見えたハズだ。次の記事では2011年から本格的に力を入れ始めるスマートフォン部門の事業戦略や、韓国で70%台のシェアを確保しているというポータルサイト「NAVER」についてご紹介しよう。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ