このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー第110回

VAIO Zの弟分? 速くて高解像度なモバイル VAIO S

2011年07月22日 12時08分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーのVAIOシリーズの中でモバイル機を見ていくと、13.1型ワイド液晶ディスプレー搭載の「VAIO Z」シリーズがフラグシップで、11.6型ワイド液晶ディスプレー搭載の「VAIO Y」シリーズが、ネットブックに代わるライトモバイルノートと言ったところか。今回紹介する「VAIO S」シリーズは両者の中間に位置し、13.3型ワイド液晶ディスプレーを搭載する製品だ。

 Sシリーズには、3月に登場して店頭でも販売されているやや安価な「VAIO S(SB)」と、5月に登場してVAIOオーナーメードモデル(VOMモデル)や法人向けとして販売される高性能な「VAIO S(SA)」(以下VAIO SA)があるが、今回紹介するのはVAIO SAの方だ。SBとSAでは、CPUやストレージ(HDDまたはSSD)などの選択肢も異なっている。

「VAIO S(SA)」。ボディーカラーは「ライトシルバー」

シンプルスリムで高性能
VAIO S(SA)は他のノートとここが違う!

 VAIO SAには「グロッシーブラウン」「オールブラック」「ライトシルバーの3色のカラーバリエーションが用意されている。本体やパームレスト、ディスプレー天板に、硬く軽量なマグネシウム合金を採用することで、全体的に硬質なデザインを採用するのが特徴だ。サイズは幅331mm、奥行き224.5mm、高さ23.3mmと見るからに薄く、質量も最軽量構成で約1.54kg。これで光学ドライブを内蔵する2スピンドル機なのだから大したものだ。

光学ドライブは珍しく本体左側面に装備。VOMモデルではBDドライブのほかにDVDスーパーマルチドライブも選べる

 搭載する液晶ディスプレーは、解像度1600×900ドットと高解像度な13.3型ディスプレーで、SBが採用する1366×768ドットディスプレーとは一線を画す広さがある。キーボードはアイソレーションタイプで、キーピッチ約19mm、キーストロークは約2mm。タイプの感触はこの種のキーボードではごく普通といったところ。なお、真上から見るとわかりにくいが、パームレストやベゼル部分からキーに向かって傾斜があり、一段低いところにある。明確な境界がないためポジショニングに戸惑うこともあった。

アイソレーションタイプのキーボードを採用。パームレストとキーボードベゼルは1枚金属板となっており、余計な凹凸がないのでスリムさが際立つ電源を入れるとキーボードバックライトが自動点灯し、キートップ刻印と周囲が青白く光る。ビデオ映像再生時などに自動的に暗くなる機能もある(バッテリー駆動時のみ)

 シルバーのキーにグレーの刻印はやや見えにくいのだが、暗いところで電源を入れるとキーボードバックライトが点灯して、キー周囲および刻印部が白く光る。周囲の光量に応じて自動でのオン/オフは可能だが、どうせなら光量の自動調節や、スイッチひとつでオン/オフできる仕組みがほしかった(ソフトウェアで制御可能)。



ソニーストア

ソニーストア

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン