このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

デジイチ込みで7万5000円から!? 「O-GPS1」で天体撮影に挑戦

これは格安! PENTAXのデジタル一眼で星を撮ったどー!!

2011年07月25日 12時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

撮影結果は如何に!?

午前1時50分前後に、K-5で西の空をアストロトレーサーの最長時間である5分間開放にて撮影。見事に星が光点として記録されている。ちなみに、この時の感度設定はISO 400、焦点距離は18mm(35mm換算27.5mm)、F4.5
上と同じ条件でD3で撮影した写真。完全に星が流れてしまい線状になっている 上と同じ条件でD3で撮影した写真。完全に星が流れてしまい線状になっている
残念ながら、赤道儀のように地球の自転に合わせてカメラ自体が向きを変える訳ではないので、センサーの周辺部分は長時間の露光となると流れてしまう 残念ながら、赤道儀のように地球の自転に合わせてカメラ自体が向きを変える訳ではないので、センサーの周辺部分は長時間の露光となると流れてしまう

 筆者は赤道儀を持っていないため、これまではギリギリまで感度を挙げ、短時間の露光で撮影していた。しかし、このアストロトレーサーを使うと、普段の準備に5分ほどの時間を加えるだけで、長時間露光による天体写真ができたのには驚いてしまった。

 今回は時間や天候の関係でざっくりとしか撮影できなかったが、露出時間などの設定を突き詰めると、かなり本格的な天体写真を10万円以下で楽しめるようになることは間違いないだろう。

 ということで、早速筆者も一式を購入するためにソロバンをはじいてみようと思う。


■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン