このページの本文へ

Apple Geeks第48回

Wi-Fiなしの喫茶店でもOK、iPhone経由でファイル送信

2011年07月20日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アドホックネットワークを作成する

 OS Xでアドホックネットワークを作成するには、以下のとおり操作を行なう。また、アドホックネットワークを削除したい場合には、デスクトップ右上のメニューエクストラで「AirMacを切にする」を選択するといい。OSにはMac OS X 10.6.8(Snow Leopard)を使用しているが、近々リリースのOS X Lionでも手順に大きな違いはないはずだ。

アドホックネットワークに接続すると、ファイル共有アプリを通じてファイルのやり取りが可能になる。iPhone側からOS X(AFPファイル共有機能オン)にアクセスすることも可能だこのように、ピア・ツー・ピアでOS XからiPhoneにアクセスできるアップロードされたファイルを選択して新規メールを作成すれば、添付ファイルとして送信可能

【1】Mac OS X上で「ネットワークを作成」

AirMacを「入」にして、メニューエクストラのAirMacアイコンから「ネットワークを作成...」を選択「“コンピューターとコンピューター”ネットワークを作成」ダイアログが表示されるので、名前欄にSSIDとして使う適当な文字列を入力し、「パスワードを要求」をチェック
パスワードを入力する欄が現われる。40ビットWEPの場合はASCII文字(英数字と記号)5文字か16進数で10桁のパスワード、128ビットWEPの場合ASCII文字13文字か16進数26桁のパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリック

【2】システム環境設定の「ネットワーク」ペインを設定

 実際にアドホックネットワークで接続を行なう場合、ここに挙げる3つの手順は飛ばしてiPhone上での設定に移っても構わない。どうしてもつながらないという場合に、試してみてほしい(筆者の環境では、これら設定を行なわないと接続できなかった)。

システム環境設定の「ネットワーク」ペインを開き、左下の「+」ボタンをクリックしてエントリーの作成を開始するインターフェースに「Ethernet」、サービス名には任意の文字列を入力し「作成」ボタンをクリックする
作成したエントリーを選択し、「IPv4の構成」欄で「切」を選び「適用」ボタンをクリックする

(次ページに続く)

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中