このページの本文へ

BDドライブを買うなら

高品質でラインアップ充実のパイオニア製でキマリ!

2011年07月21日 10時00分更新

文● イッペイ(触ってみた人)、取材協力● パイオニア

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ジサトラレビュー

ジサトラレビュー パイオニア http://pioneer.jp/

ジサトラレビュー
BDR-S06J(左)
BD-R DL12 倍速BDドライブ。“PureRead2”と“PowerRead”による快適な再生が魅力。
実売価格 2万2000円前後
BDR-206MBK(右)
最新のBDXL規格に対応したハイエンドBDドライブ。3層や4層メディアへの記録が可能。
実売価格 2万9000円前後
BDR-206JBK(下)
BD-R DL12倍速対応や独自ピックアップなど、上級機譲りの性能を手ごろな価格で実現。
実売価格 1万6000円前後

パイオニアならではの独自技術を多数搭載

 PC自作の際、悩みがちなパーツのひとつが光学ドライブだが、これからPCを作るのなら、BDドライブでキマリだ。最近はドライブの価格もこなれ、映画などのBlu-rayソフトも充実。メディアも安くなり、写真や動画などの保存媒体としても魅力的。

 なかでも、こだわり派にオススメしたいのが、パイオニア製BDドライブだ。パイオニアは、CD時代から一貫して光学ドライブやメディアの生産を行なってきており、その技術の高さには定評がある。

国内生産で高品質を実現
【国内生産で高品質を実現】基板の生産から組み立て、梱包まで一貫して、国内工場で行なっている。

 『BDR-206MBK』は、同社の最新モデルでBDXLに対応。3層の100GBメディアや4層の128GBメディアへの記録が可能で、最近では3層の書き換え型BD-REメディアにも対応。また、非サポートのBDメディアでも最適な記録ストラテジーを予測する“最適記録ストラテジー予測アルゴリズム”やCDオーディオ再生時のエラー発生を低減する“PureRead2”、傷や汚れのあるメディアもスムーズに再生できる“PowerRead”などの独自技術を満載。BDレコーダーで普及しつつあるBDXL再生にも魅力を感じる人にオススメだ。

独自ピックアップを搭載
【独自ピックアップを搭載】長年培ったノウハウの粋を集めた独自開発の高性能ピックアップを搭載だ。

 『BDR-S06J』は、BDXL非対応だが、静音や防塵性能に優れ、細部にもこだわりぬいた、機能・性能を重視した同社の主力製品となる。映画鑑賞中でも非常に静かで、ドライブの騒音は一切気にならなかった。ピアノブラックやつや消しのラバーブラック、クリアホワイトの3色から選べるのもうれしい。

 『BDR-206JBK』は、独自ピックアップや記録精度を高める“ディスク共振スタビライザー”といった基本性能を維持しつつ、手頃な価格を実現したエントリーモデルで、コストを抑えたい人にピッタリだ。3製品とも国内生産で、品質と信頼性は折り紙付き。

ハニカム構造で高い静音性を誇る
【ハニカム構造で高い静音性を誇る】S06Jと206MBKではハニカム構造を採用。筐体の共振を抑え、静音性も高い。

 “松竹梅”そろった3製品から、ベストなBDドライブをチョイスして、快適なPCライフを過ごそう。

この記事は7月21日発売の週刊アスキー増刊号『コアiパソコン自作最終案内』に掲載された内容を転載したものです。雑誌と合わせてお楽しみください!

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中