このページの本文へ

マクニカネットワークスとマクニカソリューションズの取り扱い製品を用意

持ち込みOK!マクニカネットワークス技術検証センターが開設

2011年07月12日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マクニカネットワークスは、「マクニカネットワークス技術検証センター」を開設したと発表した。

「マクニカネットワークス技術検証センター」には様々な機器を用意しエンジニアがそろう

 マクニカネットワークス技術検証センターは、同社と同社の100%子会社であるマクニカソリューションズが取り扱うネットワークやセキュリティ、ストレージ製品の機能検証、パフォーマンス検証を行なう統合検証施設。ユーザーの利用環境に応じた試験、検証に対応した施設になっており、様々な分野の技術スペシャリストがIT環境構築のための検証を強力にバックアップし、ユーザーのビジネスに貢献していくという。

 本センターでは、ユーザー環境における機器の限界性能とボトルネックとなる要因を調査する「限界性能調査」、使用中の機材を持ち込みマクニカネットワークスおよびマクニカソリューションズが取り扱っているネットワーク、セキュリティ装置と組み合わせて行なう「結合パフォーマンス&機能試験」を用意する。

 また、さまざまなセキュリティアタックに対しての「防護性能(IPS Catch Rate)」を測定、検証する「セキュリティ強度検証」の提供も予定している。

カテゴリートップへ

ピックアップ