このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

OS X Lion移行計画(後編)〜“使いやすい”バックアップ〜

2011年07月11日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

意外に使える「ディスクユーティリティ」

 「Time Machineだけでは安心できない。ホームフォルダーさえ無事なら問題なし、Lion移行後はSnow Leopardで起動することはないだろう」……と考えるのならば、「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダーにある「ディスクユーティリティ」を使ったバックアップがお勧めだ。

 ディスクユーティリティは、指定したフォルダー全体の階層構造を保ちながらディスクイメージ(*.dmg)に変換する。Finderを使うなどして個別のファイル/フォルダーをバックアップすると、どうしても“取りこぼし”の発生は避けらないが、ホームフォルダー全体をディスクイメージ化すれば、そのような心配はいらない。

 ディスクユーティリティでホームフォルダーを一括バックアップする手順は、以下に示すとおり。なお、バックアップ先の空き領域がホームフォルダーの容量を大きく上回ること、容量にもよるがイメージファイルを保存し終えるには数時間程度必要なことを、事前に確認しておこう。

バックアップ先のHDDをマウントしてから、ディスクユーティリティを起動する左側のパネルに表示されたバックアップ先のボリュームを選択し、「First Aid」タブ内にある「ディスクを検証」ボタンをクリックする。検証の結果問題が判明した場合、安全性を優先して他のHDDに交換するか、「ディスクを修復」ボタンをクリックして問題を修正する
メニューバーから「ファイル」→「新規」→「フォルダからのディスクイメージ...」を選択する現われた「イメージを作成するフォルダを選択」ダイアログで、ホームフォルダーを選択する。ダイアログのメニューバー部分に、カレントユーザーのホームフォルダーが表示されていればいい
「フォルダからの新規イメージを作成」ダイアログの「名前」欄に、これから作成するディスクイメージ名を入力する「場所」欄で保存先の領域(外付けHDD)を選択する
「イメージフォーマット」欄は「読み出し専用」、「暗号化」は「なし」を選択する。ほかの選択肢、たとえば暗号化で高いビット数を指定すると、作成に時間がかかるうえ、後日使うときにもマウント処理が遅くなる。そのため、読み出し専用/暗号化なしの組み合わせが無難
「保存」ボタンをクリックし、ダイアログで管理者のパスワードを入力すると、ディスクイメージの作成が開始される

 上記の方法でディスクイメージ化すれば、階層構造を維持しつつホームフォルダー全体をバックアップできるうえ、マウントにも時間がかからない。普段は単独のファイルとして存在するので、あとから他のHDDへ移動させる場合でも作業しやすいはず。Time MachineやFinderのファイルコピーより時間はかかるものの、後々のことを考えればむしろ効率的と考えるがいかがだろうか。

筆者の環境でホームフォルダー全体をバックアップしたところ、約98GBのディスクイメージが作成された

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中