このページの本文へ

ASRock「A75 Pro4」、「A75M」、「A75M-HVS」

「AMD A75」搭載マザーがASRockから3モデル発売

2011年07月01日 23時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 販売解禁以来、連日登場するFusion APU「AMD A」シリーズ対応の「AMD A75」チップセット搭載マザーボード。本日はASRockから3製品が発売となっている。

3モデル発売 ASRockからFusion APU「AMD A」シリーズ対応の「AMD A75」チップセット搭載マザーボードが3モデル発売

「A75 Pro4」

「A75 Pro4」
フォームファクタがATXとなるメインストリームモデル「A75 Pro4」

 A75 Pro4はV4+1電源フェーズデザインを採用する、ATXフォームファクタのメインストリームモデル。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、PCI×3で、CrossFire Xをサポート。メモリスロットはDDR3-DIMM×4(DDR3-2400+(OC)/1866(OC)/1600(OC)/1333/1066/800、最大32GB)となる。
 またオンボードインターフェイスとして、ギガビットイーサネット(Realtek/8111E)、8chサウンド(Realtek/ALC892)、SATA3.0×5、eSATA×1、USB3.0×4、IEEE 1394などを装備。I/O部のグラフィックス出力には、HDMI/DualLink-DVI-D/D-sub(D-sub+DVIは同時出力不可。またDualLink-DVI-Dモードで利用する場合はDVI出力以外のポートは使用不可)を備える。

価格ショップ
「A75 Pro4」
¥11,470フェイス秋葉原本店
¥11,480アーク
ソフマップリユース総合館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
TWOTOP秋葉原本店
PC DIY SHOP FreeT

「A75M」

「A75M」
micro ATXフォームファクタのメインストリームモデル「A75M」

 A75Mは、micro ATXフォームファクタのメインストリームモデル。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2。メモリスロットはDDR3-DIMM×2(DDR3-2400+(OC)/1866(OC)/1600(OC)/1333/1066/800、最大16GB)となる。
 またオンボードインターフェイスとして、ギガビットイーサネット(Realtek/8111E)、8chサウンド(Realtek/ALC892)、SATA3.0×5、eSATA×1、USB3.0×4などを装備。I/O部のグラフィックス出力にはHDMI/D-subを備える。

価格ショップ
「A75M」
¥9,470フェイス秋葉原本店
¥9,480アーク
ソフマップリユース総合館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
TWOTOP秋葉原本店
PC DIY SHOP FreeT

「A75M-HVS」

「A75M-HVS」
micro ATXフォームファクタのローエンドモデル「A75M-HVS」

 A75M-HVSは、micro ATXフォームファクタのローエンドモデル。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×1、PCI×1。メモリスロットはDDR3-DIMM×2(DDR3-2400+(OC)/1866(OC)/1600(OC)/1333/1066/800、最大16GB)となる。
 またオンボードインターフェイスとして、ギガビットイーサネット(Realtek/8111E)、6chサウンド(VIA/VT1705)、SATA3.0×6、USB3.0×4などを装備。I/O部のグラフィックス出力にはHDMI/D-subを備える。

価格ショップ
「A75M-HVS」
¥7,970フェイス秋葉原本店
¥7,980アーク
ソフマップリユース総合館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
TWOTOP秋葉原本店
PC DIY SHOP FreeT

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中