このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スマホの機能を徹底チェック 最強スマホ&サービスはコレ!第4回

スマートフォンのキャリアメール、使いやすいのはどれ?

2011年07月04日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 当初はGmailやインターネットのメールだけで、ケータイで一般的なキャリアメール(@docomo.ne.jp/@ezweb.ne.jp/@softbank.ne.jpといったドメインのメール)は使えなかったAndroidスマホだが、今では逆に使えない方がグローバル系の一部端末のみだ。

 ケータイからの機種変更も敷居が低くなったし、実際にユーザーの移行が進んでいる。しかしメールアドレスは同じままでも、使い勝手はケータイと大きく違う。そこでキャリアメールについて、今回と次回詳しく比較する。今回は送受信に関するスペック面を中心に、次回はメール作成時の機能比較を中心に紹介していく。

機能自体は各キャリアほぼ共通
機種による差の方が大きい

 今回はドコモのspモードメール(テスト機はGALAXY S SC-02B)、auのEメール(同じくIS03)、ソフトバンクのSoftBankメール(同じくGALAPAGOS 003SH)で比較したが、キャリアメールの機能自体は各社同じような内容だ。

 まず、主要なスペックについては下の表を見ていただきたい。大きく異なるのは添付ファイルのサイズと同時送信の宛先件数だ。ともにドコモが群を抜いている。仕事では比較的大きな添付ファイルを送受信する機会が多いので、その意味では安心だ。またメール保存件数もドコモが2万件。ドコモの最近のケータイでは送信500件、受信2500件が一般的なのでその違いがわかる。カタログを見る限り、Xperia arcやMEDIAS、SH-12Cも同様なので、ドコモユーザーは大量のメールのやり取りを毎日しても、過去のメールを残せそうだ。

  ドコモ「spモードメール」(GALAXY S) au「Eメール」(IS03) ソフトバンク「SoftBankメール」(003SH)
アプリの追加インストール 必要 不要 必要
受信時の添付ファイルの最大サイズ 10MB 1MB 2MB
送信時の添付ファイルの最大サイズ 10MB 500KB 2MB
保存可能なメール件数
(受信/送信)
合計2万件(1918MB) 2000件/1000件 3000件/1000件
保護機能
同時送信可能な宛先数 100件 30件 20件
送信予約機能 × × ×
迷惑メール対策
フォルダ作成
自動振り分け △(受信時のみ) △(受信時のみ)
送信元ごとに着信音設定 ×
無線LAN利用時の送受信
3Gオフ時の無線LANによる送受信 × △(通知のみ)
メールアドレスの変更

 ただこの表で注意してほしいのは、今回のメール比較では機種ごとのスペック差もある。たとえばIS03は添付できるファイルサイズが最大500KBになっているが、最大2MBの機種もある。そういったスペック差は後半のキャリアごとの説明で触れる。

 「メール保護」はメールが古くなっても削除されないようにする機能。あらかじめ決まった時間にメールを送る「送信予約」もケータイではよくある機能だが、スマートフォンでは少数派。今回の3機種は全部非対応だった。しかしこれについてはauやソフトバンクのシャープ製端末では対応している。国内メーカー製Android端末は着々とケータイにしかない機能を取り込んでいるようだ。

 フォルダ分けや迷惑メール対策は個別に詳しく述べる。最後に無線LANを使ったキャリアメールだが、ドコモのspモードは初期段階では対応していなかったが、今は対応している。また3G通信がオフのときはソフトバンクではメールの未受信通知が届くが、メール自体は受信ができない。ドコモは[メール設定]→[その他設定]→[Wi-Fiオプション利用設定]で設定することで3G通信がオフで無線LANのみでも送受信できる。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン