このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー第108回

dv4-3100が目指した「ホームモバイルPC」の実像は?

2011年07月01日 12時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 モバイル性を重視するのは、何もビジネスマシンだけではない。時と場合によってはいろいろな場所で使うことがある家庭向けノートパソコンも、大きいだけでなく適度なサイズであってほしいもの。そんな要求に対する日本ヒューレット・パッカードの答えが、「HP Pavilion dv4-3100」(以下dv4-3100)である。試用機が届いたので、早速チェックしてみた。

「HP Pavilion dv4-3100」。試用機はルビーレッド・モデル。パームレスト部も光沢のある美しい装飾が施されている

14型ワイドディスプレー搭載
所有欲をそそる真紅のスマートボディ

 dv4-3100の特徴は、14型ワイドディスプレー搭載という新しいデザインを採用していることだ。昨今、モバイルノートのディスプレーサイズは11~13型ワイド、低価格のスタンダードノートやAVノートなら15型以上という流れであり、14型ワイドディスプレーを載せたノートパソコンは少数派だった。そこにあえて挑戦したのがdv4-3100である。

 HPのコンシューマー向けノートは、ポップな色使いや東洋の「石庭」のイメージを取り入れた「ZEN-design」など、多様なデザインを展開している。今回取り上げるdv4-3100の「ルビーレッド」モデルでは、「タンポポの綿毛が飛ぶ瞬間をイメージ」したという水玉様の模様が、真紅の天板やパームレストにあしらわれている。まるで朱漆に象嵌を施したような漆器のような深いツヤが印象的だ。なお、全体が黒基調の「エスプレッソブラック」モデルも用意されている。

天板一面が美しく彩られている。深い光沢を持ち、傷に強く塗装がはげないという、同社得意のHP Inprint技術によるものコーナーも滑らかに仕上げられており、まるで朱漆で塗られた美術工芸品のような趣がある。ただ、あまりに滑らかすぎてパームレストに手の平が吸い付くのが難点か

 本体の形状もまたスタイリッシュだ。後方がわずかに反り上がるディスプレー天板は、エッジを強調する部分と微妙なカーブが美しい。サイズは横340mm×奥行き238mm×高さ28~40mm、質量は2.28kg。外出時に持ち歩くのには向かないが、リビングから居室など家屋内での移動に困らない大きさだ。なお、バッテリー駆動時間も約6時間となっており、家庭でのBD視聴時など、ちょっとした用途ならケーブルレスで使えるだろう。

前方の最薄部が28mmのため、前から見るとスリムノートのように見える。前方の左右にステレオスピーカーを内蔵

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン