このページの本文へ

レノボ、ThinkPad X1などに量販店モデルを追加

2011年06月28日 22時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは28日、ノートパソコン「ThinkPad」シリーズ5機種と、デスクトップパソコン「ThinkCentre Edge 91z All-In-One」の計6機種に量販店モデルを追加したと発表した。本日販売予約を開始し、7月15日より全国の主な量販店にて販売する。価格はオープンプライス。

 6機種すべてに、パフォーマンスを向上させるレノボ独自の「Lenovo Enhanced Experience 2.0 for Windows 7」を搭載している。これにより、素早い起動とシャットダウンが可能だという。

 ThinkPadシリーズ全機種共通の仕様としては、6機種すべてでWiMAXや、4GBのメモリーを標準で搭載しているのが、過去に発表された直販モデルからの主な変更点になる。なお電力消費量の削減に貢献する「ピークシフト機能」も引き続き搭載している。

ThinkPad X1

ThinkPad X1

 「ThinkPad X1」は、1366×768ドットの液晶ディスプレー(LEDバックライト)を搭載した13.3型のノートパソコン。主な変更点として、OSにWindows 7 Home Premium with SP1(64bit)を採用している。本体サイズは幅337mm×奥行き231.1mm×高さ21.3mm(最薄部16.5mm)で、重量は1.69kg。想定実売価格は17万円前後。

「ThinkPad X220/X220i」

ThinkPad X220

 X220(428634J)とX220i(428635J)は、1366×768ドットの液晶ディスプレー(LEDバックライト)を搭載した12.5型のモデル。両製品の主な違いはCPUで、X220がCore i7-2620M(2.7GHz)、X220iはCore i5-2410M(2.3GHz)を搭載している。HDDは320GB、チップセットにはIntel QM67 Expressを備える。Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)を搭載。また、X220はUSB 3.0×1を搭載しているが、X220iは搭載しておらず、代わりにディスプレーポートを搭載している。

 本体サイズはそれぞれ幅305mm×奥行き206.5mm×26.6mm(最薄部19mm)で、重量は1.46kg。想定実売価格はX220が16万円前後、X220iは14万円前後となる。

「ThinkPad T420s/T420i」

ThinkPad T420s

 1600×900ドットの液晶ディスプレー(LEDバックライト)を採用したT420sは、CPUにCore i5-2520M(2.5GHz)を採用する。ストレージにはSSD 128GB、チップセットにIntel QM67 Expressを備える。GPUにはNVIDIA NVS 4200M、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを搭載する。OSはWindows 7 Home Premium SP1(64bit)。本体サイズは幅343mm×奥行き230.1mm×高さ26mm(最薄部21.2mm)で、重量は1.8kg。想定実売価格は19万円前後。

 T420iは、1366×768ドットの液晶ディスプレーを搭載したエントリーモデル。CPUには、Core i3-2310M(2.1GHz)を備える。HDDは320GB、チップセットにIntel QM67 Expressを搭載。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブ、OSにWindows 7 Home Premium SP1(64bit)を搭載する。 本体サイズは幅340.5mm×奥行き233mm×高さ30.5mm(最薄部30.1mm)で、重量は2.24kg。想定実売価格は12万円前後。

「ThinkCentre Edge 91z All-In-One」

ThinkCentre Edge 91z All-In-One

 ThinkCentre Edge 91z All-In-Oneは、“ThinkCentre”としては初の量販店モデル。ベゼル部とLCDの境をなくし全体をガラスで覆うインフィニティ・ガラスをデザインアクセントとして搭載している。そのほか、スピーカーは筺体の下に配置されており、量販店モデルではワイヤレスキーボードとマウスが標準で付属されているため、さらに見た目がすっきりとした美しいデザインになっているという。

上位「7074B4J」、中位「7075D8J」、下位「7075D7J」の3製品が用意されている。

 7074B4JのCPUは、Core i7-2600s(2.8GHz)、チップセットにはIntel B65 Expressを採用。HDDは1TB。グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel HD グラフィックス、解像度1920×1080ドットに対応する21.5型ワイドHD液晶ディスプレー(LEDバックライト)を搭載している。
 メインメモリーは、4GB(最大8GB)で、光学ドライブはBlu-ray Discドライブ。
 インターフェースは、USB 2.0×6(側面×2、背面×4)、HDMI×1、アナログRGB出力。ネットワーク機能は、有線LANとIEEE 802.11b/g/n対応の無線LAN。

 サイズは幅545.2×奥行き81×高さ414.3mmで、重量は最大構成時で8.4kg。OSはWindows 7 Home Premium SP1(64bit)。想定実売価格は14万5000円前後。

 中位モデルの7075D8Jは、CPUをCore i3-2100(3.1GHz)、HDDは500GBで、光学ドライブをDVDスーパーマルチドライブに変更している。それ以外の仕様は上位モデルとほぼ同様。想定実売価格は9万円前後。

 下位モデルの7075D7Jは、中位からCPUをPentium G620(2.6GHz)、メモリを2GBに変更している。想定実売価格は7万5000円前後。

カテゴリートップへ