このページの本文へ

集計機能やレポート作成機能も搭載

PCを強制スタンバイ!ユニアデックス「e節電ツール」無料提供

2011年06月28日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月27日、ユニアデックスは企業のパソコンを強制的にスタンバイ状態(スリープ)にするソフトウェア「e節電ツール」を独自に開発。本日から無償配布すると発表した。

PCを強制的にスタンバイする「e節電ツール」

 e節電ツールは、Windowsマシンにインストールすると、PCの動作を管理/制限して電力使用量を削減したり、動作状況を記録する。また、「管理表示機能用PC」として設定すれば、他のユーザーの情報を収集してレポート化。節電効果を集計し、把握できる。

 なお、システムがアイドル状態になっているように見える場合でも、Windowsの「System Idle タスク スケジューラ サービス」がシステムのメンテナンスタスクを実行しており、「System Idle カウンター」がリセットされることがある。PCの消費電力を削減する他社製ツールには、この問題によりスタンバイ状態にならず、期待どおりの節電効果が表れない場合があるという。しかし「e節電ツール」なら、そのような状態にあるPCに対しても、確実にスタンバイ状態にできるとしている。

 対応OSはWindows XP/Vista/7の32ビット版で、利用可能期限が9月30日まで。なお、期間が過ぎても継続利用は可能だが、集計・表示機能が12月31日までとなる。ただし、電力供給状況によっては期間を延長する可能性もあるという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ