このページの本文へ

Shuttle「SX58H7 Pro」

ShuttleのX58採用ハイエンドキューブに最新モデルが追加

2011年06月16日 22時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 チップセットに「X58」を採用するShuttle製キューブ型ベアボーンキットの新モデル「SX58H7 Pro」が、今日から発売となった。

今日から発売となった、チップセットに「X58」を採用するShuttle製キューブ型ベアボーンキットの新モデル「SX58H7 Pro」

 「SX58H7」から「SX58J3」、そして今回のSX58H7 Proと、X58採用モデルではついに3作目となる同製品。次期ハイエンドプラットフォームの「Sandy Bridge-E」が年内の登場と言われていることから、おそらく最後のX58採用キューブベアとなりそうだ。
 特徴は、新たにUSB3.0(2ポート)とSATA3.0(2ポート)を標準サポートする点。また採用シャーシがアルミ素材となる点など。その他、PCI Express x16スロットを2本搭載してのCrossFireX/SLIサポート、80PLUS BRONZE準拠の500W電源を搭載する点などに変更はない。

新たにUSB3.0(2ポート)とSATA3.0(2ポート)を標準サポート。PCI Express x16スロットを2本搭載しCrossFireX/SLIをサポート、80PLUS BRONZE準拠の500W電源を搭載する点などに変更はない

 その他の主なスペックは、本体サイズが208(W)×326(D)×190(H)mm。South Bridgeに「ICH10R」を採用する内部は、拡張スロットがPCI Express x16×2、Mini-PCI Express×1、メモリがDDR3 DIMM×4(DDR3-1333/1066MHz、16GBまで)という構成。8chサウンド(Realtek/ALC888)、デュアルギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111C)、SATA3.0×2、Serial ATA×2、eSATA×2などをオンボードで搭載する。
 価格は以下の通りだ。

J系シャーシから人気のH系シャーシへ変更となり、アルミシャーシとしてリニューアルされた

価格ショップ
「SX58H7 Pro」
¥32,770フェイス秋葉原本店
¥32,781アーク
¥32,800クレバリー1号店
ソフマップリユース総合館
PC DIY SHOP FreeT

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中