このページの本文へ

4つの目玉機能を持つカシオの最新プロジェクターがお披露目!

2011年06月13日 16時05分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
従来のスリムモデル(左)と、7月に発売となる3モデル(右。中央がスタンダードモデル、左がハイグレードモデル、右が短焦点モデル)

 カシオ計算機が7月に発売予定のビジネス向けDLPプロジェクターについて、目玉となる新機能のデモンストレーション展示を行なった。本日開催された同社製品に関するプライベートイベント「カシオコミュニケーションプロダクツ 2011」(本社)の一環となる。

 新製品はレーザーとLEDを光源とするプロジェクターで、従来は薄さ43mmの「スリムモデル」(XJ-Aシリーズ)のみの展開だったが、7月発売予定の機種は2500~3000ルーメンの「スタンダードモデル」(XJ-Mシリーズ)と、3500ルーメンの高輝度投射ができる「ハイグレードモデル」(XJ-Hシリーズ)、および80cmの距離から60型サイズの投射ができる「短焦点モデル」(XJ-STシリーズ)が登場。ラインナップの幅を広げている。

  デモンストレーションでは、映像をシャッター式メガネで立体視できる「3Dプロジェクション」機能と、周囲の明るさに合わせて輝度を調整する「インテリジェント・ブライトネス・コントロール」、スマホアプリ対応の無線LAN機能、ポイントを指し示すだけでなく、絵や文字が書ける「インタラクティブ・ポインティング」機能の4つについて紹介された。

「3Dプロジェクション」のデモ。サイド・バイ・サイド方式で3D映像が収録されたAVIファイルを、PC用ソフト「CASIO 3D Converter」で3D視用映像に変換。それを出力している。「Blu-ray 3D」など、BDレコの3Dコンテンツには非対応 対応3Dメガネ。前面にセンサーが埋めこまれており、スクリーンの映像と同期してシャッターの開閉を行なう
「3Dプロジェクション」のデモ。サイド・バイ・サイド方式で3D映像が収録されたAVIファイルを、PC用ソフト「CASIO 3D Converter」で3D視用映像に変換。それを出力している。「Blu-ray 3D」など、BDレコの3Dコンテンツには非対応対応3Dメガネ。前面にセンサーが埋めこまれており、スクリーンの映像と同期してシャッターの開閉を行なう。なお、3D機能は新機種すべてで対応する
「インテリジェント・ブライトネス・コントロール」では、プロジェクターに搭載されている光センサーで周囲の明るさを計測する 明るさに応じて自動で輝度を上げたり下げたりする。最低輝度の時は最高輝度の時と比べて、電力が半分程度削減できる。こちらも新機種ではすべて対応
「インテリジェント・ブライトネス・コントロール」では、プロジェクターに搭載されている光センサーで周囲の明るさを計測する明るさに応じて自動で輝度を上げたり下げたりする。最低輝度の時は最高輝度の時と比べて、電力が半分程度削減できる。こちらも新機種ではすべて対応
Android端末及びiPhone/iPod touch/iPad用にリリースされているプレゼンテーションファイル表示アプリ「MobiShow」の画面を、無線LANでプロジェクターに直接飛ばして表示することができる。こちらの機能は短焦点モデルは全機種対応だが、スタンダードモデルとハイグレードモデルは一部機種のみとなる
別売りの「インタラクティブ・ポインター」(左)を使うことで、スクリーンに投射されている映像に直接書きこむように、図形や文字を挿入できる。この機能はハイグレードモデルの一部機種と短焦点モデルのみ対応となる
ポインタで範囲選択して、その部分を拡大表示できる。拡大した部分がスクリーン中央に表示される ポインターで範囲選択して、その部分を拡大表示できる。拡大した部分がスクリーン中央に表示される

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ