このページの本文へ

サンワサプライ「TB-R1U」

リストレストとトラックバーを一体化した入力デバイスが登場

2011年06月08日 23時38分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンワサプライからリストレスト機能も兼ね備えたトラックバー搭載の入力デバイス「TB-R1U」が発売となった。

「TB-R1U」
サンワサプライからリストレスト機能を兼ね備えたトラックバー搭載の入力デバイス「TB-R1U」が発売

 本製品は、キーボードの正面にリストレストのように配置することで、マウスと同じ機能を手元で操作できるというもの。「手の移動範囲を最小限に抑えることにより、腱鞘炎予防効果が期待できる」(サンワサプライ)という。
 マウスポインターの移動は中央の操作バーで行う仕組み。バーを前後にクルクルと回転させると上移動、横にスライドさせると左右に移動する。また、本体裏面のボタンを押すと、機能が上下逆転するという変わったギミックもあり、好みの傾斜に合わせて利用できる。全体サイズは280(W)×105(D)×32(H)mmで、重量は300g。インターフェイスはUSBとなる。
 販売しているのはパソコンハウス東映で、価格は1万4800円だ。

操作
マウスポインターの移動は中央の操作バー(写真右の赤い矢印)で行う仕組み。バーを前後にクルクルと回転させると上移動、横にスライドさせると左右に移動する

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中