このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2011レポ 第19回

巨大ブースを構えるGigabyteの注目製品をチェックしておく

2011年06月03日 12時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TWTCのホール1にブースを構えるGigabyte。一枚の写真に収まりきらないほど、その規模は大きく来場者も多い。そんな同ブースに展示中の注目製品をいくつかピックアップしておこう。

TWTCのホール1にブースを構えるGigabyte。人気メーカーのため来場者の数もひと際多い

「GA-X79-UD3」

「X79」チップセット搭載のLGA2011マザーボード「GA-X79-UD3」

「GA-Z68XP-UD5」

「Z68」でHDMI出力を追加した「GA-Z68XP-UD5」

ドイツのメーカーが手掛けたというコンセプトモデルが展示されていた。オール水冷仕様の特注品で、価格はなんと約120万

通常とは逆、向かって右サイドパネルを空ける仕組みのPCケース「Setto III」。マザーボードは上下さかさまに取り付ける

「Sumo 5112」

本格派のタワー型ケース「Sumo 5112」。E-ATXマザーも搭載可能となる

「Sumo Power Fanless 650W」

80PLUS GOLDでファンレス仕様の650W電源「Sumo Power Fanless 650W」

報道陣向けには101の36Fでも展示会を実施している。ゆったり取材対応してくれた


【取材協力】

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中