このページの本文へ

「また来てね!」感極まって涙する女子も――ニコニコ大会議 in 台湾レポート

台湾の「ニコ厨」1000人、大会議ライブに甘い歓声

2011年05月27日 15時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

台湾、中国、韓国からもユーザーが出演!




 まず今回の大会議ライブで外せないのが、アジア圏の有名ユーザーが集まったということ。日本や現地の台湾はもちろん、中国や韓国のユーザーも出演し、東アジアのニコ厨を巻き込むというでかいスケールだった。そんな彼ら、彼女らに、客席から惜しみない拍手や歓声が送られた。日本の各地を回った大会議の全国ツアーで感じた、「地元出身」の有名ユーザーを暖かく迎える状況と同じだった。

 ライブ前に設けられたトークショーでは、そうしたユーザーが集結。さらに「歌ってみた」で活躍している北京出身の「パンダ氏」もSkypeで出演した。彼女は現在、来日して青二プロダクションに所属し、「劉セイラ」の名前で声優デビューを目指しているという。

通訳として台湾出身の歌い手「がいらく」さんが登場。ネタを仕込みまくりのトークで会場は爆笑の連続だった台湾人の「委員長」さん、「カラス」さん、「猫(♂)」さん、韓国人の「わたあめ」さんによるトークショー

 歌は日本語だが、トークで飛び交う言葉は、台湾語や日本語、英語などさまざま。正直、言葉が分からない部分もあったが、会場の反応を見てるとそれだけで楽しさが伝わってきてニコニコできた。

台湾出身のChiaさんは「メランコリック」を熱唱わたあめさんは「Calc.」
香港出身の「ほんこーん」さん。日本でも2009年にCDを発売した「つきうさぎ」を歌う

イケメンに国境なし!

 日本の歌い手も負けずに会場を沸かしていた。特に目立ったのは、イケメン陣への嬌声だ。

 現地で人気が高い「Gero」さんや「蛇足」さんが登場すると、瞬時にキャーーッという黄色い声で会場が満たされる。clearさんの「(。・ω・。)ノはぉ♪」という持ちネタにももちろん反応。そして「ぽこた」さんが台湾語で「歌に形はないけれど」を歌うと、感極まって泣き崩れるファンもいた。ネット中継で見ていた人ならわかるかもしれないが、日本のファンとまったく同じ反応だ。

 イケメンに国境なし。ものづくりの次に日本が目指すべきなのは、彼らの輸出なのかもしれない──などと、舞台を見ながらなんとなく感じていた筆者だった。

ぽこたさん「歌に形はないけれど」(台湾語 ver.)。翻訳は委員長さんが担当したぽこたさん「ダンシング★サムライ」
Geroさん「二息歩行」Geroさん「Just Be Friends」(バラード ver.)
蛇足さん「心拍数#0822」clearさん「Little Traveler」
neroさん「Bye-Bye LOVER」赤飯さん「ミツバチ」
タイツォンさん「ローリンガール」(Rap ver.)こまんさん「BadBye」
Da-littleさん「シザーハンズ」(Eng ver.)ユニット「L.I.N.E」からche:櫻井さん「Corruption Garden」
clear&nero(cleanero)「カンタレラ」蛇足&clear(だそくりあ)「magnet」タイツォン&赤飯(タイツ飯)「オーディエンスを沸かす程度の能力」

(次ページに続く)

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン