このページの本文へ

空調電力コストを最大88%削減

日立、モジュール型データセンターに外気冷却を追加

2011年05月24日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日立製作所は「モジュール型データセンタ」の冷却システムに新たに「外気導入冷却システム」を追加した。28度以下の外気を取り込み、IT機器を冷却することで、従来の空調システムに比べ、最大88%の電力コスト削減を実現するという。昨年、発表した「冷媒自然循環システム」とあわせ、省エネデータセンターの構築を支援する。

日立モジュール型データセンターの概要

 外気導入冷却システムでは、外気がIT機器の冷却に適温である12~28℃の場合には外気を直接取り込み、また外気の温度が12℃よりも低い場合はIT機器からの排熱を外気と混合し、適温に調整してからセンタ内を冷却するという仕組みになっている。フィルターや加湿装置により、外気に含まれる粉塵、化学物質などの除去や湿度調整を行ない、プロセッサーやハードディスクなどの精密機器から構成されるIT機器、設備全体を効率的に冷却するという。

 提供は5月24日からで、価格は個別見積もりとなる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ