このページの本文へ

ミクZ4、3年目の本気! SUPER GT激闘記第13回

GT岡山戦直前の生放送はチャリティーイベント!

2011年05月19日 23時59分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回の生放送はLOVE CARSとコラボ!

 毎度お馴染み、SUPER GT直前に開催されるグッドスマイルレーシング(GSR)の生放送。だが、今回はいつもとちょっと違った。モータージャーナリストの河口まなぶ氏が主催するWeb自動車部「LOVE CARS」とのジョイント企画だったのだ。元々、LOVE CARSとStudieの鈴木代表との間で東日本大震災のチャリティーイベントとして、公開生放送を検討していたところ、あっという間に参加メンバーが増えて、GSRの生放送も一緒にやってしまおう! ということになったのだとか。ちなみに、GSR側は片山右京SD以外は勢揃いしていた。

 そんなわけで、17日はGSRのニコニコ生放送と、LOVE CARSのUstreamの同時中継だったのである。

後ろにはファン手作りの特大応援旗が!新旧ミクZ4が並んでいるのを見られただけでも、この場に来た甲斐があったのでは?
主催者である河口まなぶ氏は数多くの試乗レポなどもやってるだけあって、喋りも上手! メリハリをつけたトークで、暴走しがちなGSRメンバーを何度も軌道修正していた

 公開生放送なのでつめかけたファンの観覧も可能だったが、チャリティーイベントとして見学料3000円を寄付しての入場だった。にもかかわらず会場は満員御礼! 立ち見まで出るほど盛況だったのだ。GSRの個人スポンサーはもちろんのこと、LOVE CARSのファン(部員)からイケメン谷口選手のファンまで、参加者の層が厚かったのには驚かされた(特に女性ファンが多かった)。

 河口氏のMCで番組は進行し、主に4月30日~5月1日に開催されたSUPER GT 富士戦を振り返る話題がメインだった。谷口選手は持ち前のトーク力を遺憾なく発揮し、雨の富士ではフロントガラスのデフロスタースイッチを忘れていたことやGSRに加わった経緯など、ぶっちゃけトークを展開した。関係者は肝を冷やしたのでは?(笑) 特に番場選手は普段より口数が少なかったのだが……。

谷口選手も数多くのクルマ系ビデオに出演したりしてるだけあって、トークが非常に面白い。お客さんは終始笑いっぱなしであった
途中から安藝社長も参戦! 岡山では「4位」というオーダーが飛び出たStudieのガレージで、こんなに多くのビデオカメラが回っている生放送は初めてかもしれない

 20時30分から始まった生放送は、予定通り22時30分(2時間)で終了し、カメラが止まった後は新旧揃ったミクZ4の撮影大会になっていた。

 ついに今週末の土日は「SUPER GT Rd.1 岡山国際サーキット」だ。今年のミクZ4ではもちろん初めて走るサーキットだけに、どうなるか展開が読めないが、ドライバーが優秀すぎる2人なので、きっと期待以上の成績を残してくれるに違いない。また、決勝日は雨の予報だが、サーキットは山の中なので、当日までどうなるかわからない。観戦に行く人は、念のため雨ガッパを忘れずに! それでは、岡山で会いましょう!

レーシングミクサポーターズの3人も駆けつけて、男ばかりのむさ苦しい空間に“けしからん”華を添えまくった!
生放送終了後は全員集合しての記念撮影会ガレージに入りきらないほどのファンが駆けつけたのだった

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ