このページの本文へ

「Continuous Data Protector」、「Network Storage Server」の標準機能として提供

ファルコンストア、DRを自動化するRecoverTrac 2.0テクノロジ

2011年05月19日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月18日、ファルコンストア・ジャパンはディザスタリカバリ(DR)の自動化ツール「RecoverTrac 2.0テクノロジ」を日本市場に投入する。

「RecoverTrac 2.0テクノロジ」のFalconStor Network Storage Server(写真)の標準機能となる

 これは、同社の継続的統合データ保護ソリューション「FalconStor Continuous Data Protector(CDP)」、仮想ストレージサーバー「FalconStor Network Storage Server(NSS)」の標準機能として提供するもの。物理環境と仮想環境の両方の環境に対するフェイルオーバーおよびフェイルバックの操作を自動化。さらにシステムやアプリケーション、サービスのリカバリ、データセンター全体のリカバリまで、必要に応じたきめ細かなリカバリ機能を搭載している。

 データを複製するだけでなく、完全なサービスを回復させるとことまで自動化するのが特徴だ。事前に設定されたプロセスに従い、サーバーやストレージ、ネットワーク、アプリケーションの回復を完全に自動化することで、次世代のデータ保護といわれる「サービス指向データ保護(Service-Oriented Data Protection:SODP)」を実現する。

 ほかに、テストモードやクローン機能も用意する。テストモードを使用すると、本稼働しているシステムに影響を与えることなく、リカバリのあらゆるプロセスを実行できる。また、クローン機能では、アプリケーションデータをコピーして、他のビジネス目的で使用することが可能となる。

カテゴリートップへ

ピックアップ