このページの本文へ

CPUとテレビ機能を拡充 NECが2011年夏モデルPCを発表

2011年05月16日 12時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クアッドコアが標準CPUに
VALUESTAR Wシリーズ

VALUESTAR W「VW970/ES」

 23型/フルHD解像度のディスプレーを搭載する一体型デスクトップ「VALUESTAR W」シリーズは、搭載CPUがクアッドコアのCore i7-2630QM(2GHz)に強化された2機種が発表された。

 両機種共に、23型ワイド/フルHD解像度のIPS液晶パネル採用ディスプレーを搭載。さらにラインナップ上位の「VW970/ES」は、グラフィックス機能として独立GPUのGeForce GT 425Mを搭載するほか、偏光板式の3Dステレオ表示によるBlu-ray 3Dの再生などにも対応する(NVIDIA 3D Visionには対応しない)。下位モデルの「VW770/ES」は、CPU内蔵グラフィックス機能を使用し、3D表示には対応しない。

 共通の特徴としては、3波対応のデジタルダブルチューナーを内蔵。最大で12倍もの高圧縮率テレビ録画が可能となっている。光回線での多チャンネルHD放送「ひかりTV」の受信機能も備える。また、2TBの内蔵HDDや記録型BDドライブ、USB 3.0対応USBポートも搭載する。HDMI入力端子とD4入力端子も背面に搭載しており、パソコン側の電源を切った状態でも、単体のディスプレーとして使用できる機能も継承している。

 OSはWindows 7 Home Premium SP1 64bit版を搭載。Office Home and Business 2010もプレインストールしている。主な仕様は以下のとおり。予想実売価格は、VW970/ESが27万円前後、VW770/ESが23万5000円前後。発売時期は5月中旬の予定。

製品名 液晶サイズ CPU GPU TV 3D
VW970/ES 23型 フルHD Core i7-2630QM 2GHz GeForce GT 425M 3波×2 対応
VW770/ES CPU内蔵

テレビやHDDがマイナーチェンジ
VALUESTAR Nシリーズ

VALUESTAR N「VN790/ES」

 20型ディスプレーを搭載するシンプルな一体型デスクトップ「VALUESTAR N」シリーズは、3機種がラインナップされている。ハードウェア仕様は2011年春モデルとほぼ同様だが、HDDが増量されたり、テレビ機能がより高圧縮率での録画に対応といった改良が加えられている。ディスプレーサイズは共通で、20型/1600×900ドット。

 ラインナップ上位に位置する「VN790/ES」と「VN770/ES」は、CPUにCore i5-2410M(2.30GHz)を採用。グラフィックス機能はCPU内蔵機能を使用する。VN790/ESは偏光板式の3D表示に対応している。さらにテレビ機能として、3波対応のダブルチューナーを内蔵。ひかりTVの視聴にも対応する。USB 3.0も2ポート搭載する。内蔵HDDは2TB。

 ラインナップ下位の「VN370/ES」は、CPUに前世代のCeleron P4600(2GHz)を採用。テレビ機能として、地デジのみ対応のダブルチューナーを内蔵する。内蔵HDDは1TB。

VN370/Eのカラーバリエーション

 OSは全機種ともWindows 7 Home Premium SP1 64bit版を搭載。Office Home and Business 2010もプレインストールしている。主な仕様は以下のとおり。予想実売価格は、VN790/ESが21万5000円前後、VN770/ESが19万5000円前後、VN370/ESは15万円前後。発売時期は5月中旬の予定。

製品名 液晶サイズ CPU BD/DVD TV 3D
VN790/ES 20型 1600×900 Core i5-2410M 2.30GHz BD 3波×2 対応
VN770/ES
VN370/ES Celeron P4600 2GHz DVD 地デジ×2

全機種クアッドコア化
VALUESTAR Lシリーズ

VALUESTAR L「VL750/ES」。付属の23型ディスプレーは3D表示対応

 省スペースデスクトップと23型液晶ディスプレーがセットになった「VALUESTAR L」シリーズは、2機種が登場した。全機種がクアッドコアのCore i7-2600S(2.80GHz)を搭載し、特に下位モデルの性能が強化された。

 付属のディスプレーは23型ワイド/フルHD解像度で、上位モデル「VL750/ES」は3Dステレオ表示にも対応する。VL750/ESはグラフィックス機能にGeForce GT 435Mを内蔵。NVIDIAの3Dステレオ映像技術「3D Vision」対応のメガネも付属するので、Blu-ray 3Dやゲームの3D表示が可能である。

 下位モデル「VL550/ES」はCPU内蔵グラフィックス機能を使用し、3D表示には対応しない。また、春モデルの下位モデルはDVDスーパーマルチドライブを搭載していたが、VL550/ESではBDドライブ搭載に強化されている。

 両機種ともUSB 3.0対応ポートを2ポート搭載。テレビ機能は搭載しない。OSにはWindows 7 Home Premium SP1 64bit版を搭載。Office Home and Business 2010もプレインストールしている。主な仕様は以下のとおり。予想実売価格は、VL750/ESが27万円前後、VL550/ESが20万円前後。発売時期は5月中旬の予定。

製品名 液晶サイズ CPU GPU BD/DVD 3D
VL750/ES 23型 フルHD/3D対応 Core i7-2600S 2.80GHz GeForce GT 435M BD 対応
VL550/ES 23型 フルHD CPU内蔵

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン